• ホーム
  • 商品情報
  • TARGATT™ 部位特異的ノックインマウス/ラット作製受託サービス

記事ID : 17792
研究用

最大 20 kb の標的遺伝子をご希望部位にノックイン!!TARGATT™ 部位特異的ノックインマウス/ラット作製受託サービス

print このエントリーをはてなブックマークに追加

サービス概要

特許取得済みの TARGATT™ 技術を用いて部位特異的ノックインマウス/ラットを作製致します。TARGATT™ 技術とは、PhiC31 インテグラーゼがベクターに挿入された 34 bp のアタッチメントサイト attB 配列と宿主 (細胞、マウス、ラット) ゲノム中に挿入された attP 配列間の組み換えを触媒することで目的領域に遺伝子を導入する手法であり、Applied StemCell社は Stanford University (CA USA) から本手法の独占的なライセンスを得ております。

TARGATT™ 部位特異的ノックインマウス作製受託サービス

TARGATT™ マウス(FVB または C57BL/6J バックグラウンド)のセーフハーバー領域である H11 または Rosa26 には予め attP 配列が導入されておりますので、目的遺伝子を導入して過剰発現、レポーター遺伝子発現、shRNAによる遺伝子ノックダウン、ヒト化マウスモデル作製等が実現可能です。目的遺伝子のID番号をお知らせ頂ければ、カスタムデザインのノックインマウスを納期約 3ヶ月でお届け致します。なお H11 に attP 配列が挿入されたTARGATT™ ラットを用いた、ノックインラットの作製も可能です。

ASC_targatt_knock_in_mice_service_2.jpg

本サービスには、以下のマイルストーンが含まれています。

  1. 目的遺伝子を含む TARGATT™ ベクターの調製
    • TARGATT™ Vector への目的遺伝子のクローニング、ミニプレップ
    • TARGATT™ Vector およびコントロールベクターからミニサークル DNA の RNase フリー調製および精製
  2. 前核注射
    • TARGATT™ ミニサークル DNA を TARGATT™ 胚(FVB または C57BL/6J)の前核に注入
    • 偽妊娠マウスへの胚移植
  3. F0 ファウンダーマウス/ラットのスクリーニング
  4. ヘテロ接合性ファウンダーの納品
  5. オプション:ホモ接合マウス/ラットを作製するためのファウンダーの育成
    コロニー産生、凍結保存、動物表現型決定などもご提供可能です。
サービス項目 納期 納品物
1. TARGATT™ DNA 構築
(標的遺伝子をクローニングしたベクターもマウスとともに納品されます。)
4-6 週間 TARGATT™ ベクタークローニングのレポート
2. TARGATT™ integrase の調製
in vitro 転写と調製
1 週間 integrase mRNA の合成とバリデーションのレポート
3. TARGATT™ DNA を前核にマイクロインジェクション
(最大 150 個の胚にインジェクションします。)
1〜2 ヶ月 -
4. マウス飼育およびジェノタイピング 3-4 週間 Rosa26 領域にシングルコピーの標的遺伝子が挿入された F0 ファウンダーマウスを最低 1 匹納品

TARGATT™ テクノロジー

TARGATT™ テクノロジーの利点

  • PhiC31 インテグラーゼによる効率的な遺伝子導入で、時間とコストを削減
  • 部位特異的な遺伝子導入で位置効果をなくし、導入遺伝子の高発現を実現
  • 遺伝子間領域に組み込まれるため、内部遺伝子発現が阻害されないことを保証
  • シングルコピーのノックインで、repeat-induced 遺伝子サイレンシングやゲノム不安定性を排除
  • 部位特異的な遺伝子導入により、異なる系統間における導入遺伝子の効果を正確に比較可能
  • レポーター遺伝子発現、遺伝子ノックダウン、疾患モデル作製、高度な条件付きノックアウトモデルのための部位特異的 Cre 発現等、さまざまなアプリケーションに利用可能

TARGATT™ システムのFAQ

お見積り・ご注文方法

下記のリンクから見積のご依頼をお願い致します。

 

関連商品

参考文献

[技術説明]

[他のトランスジェニック手法との比較]

[TARGATT™ による Tet 誘導マウスの作製]

[Hipp11 (H11) 遺伝子座の利点]

[TARGATT™ により作製されたマウスのアプリケーション]

[TARGATT™ マウスモデルの引用文献]

お問い合わせ先 : 創薬・受託サービス部

ご質問・ご不明の点は創薬・受託サービス部までお問い合せください。また、秘密保持契約のご希望につきましても、下記までご連絡をお願いいたします。

TEL
03-5632-9615
FAX
03-5632-9614
E-mail
jutaku_gr@cosmobio.co.jp

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO