• ホーム
  • 商品情報
  • 脳内薬物動態解析受託サービス トランスミットーム™【Transmittome™】

商品情報

記事ID : 17746
研究用

脳内神経伝達物質や薬物の動態解析を迅速・網羅的に行える新規技術「トランスミットーム™」を利用した受託サービス脳内薬物動態解析受託サービス トランスミットーム™【Transmittome™】

print このエントリーをはてなブックマークに追加
コスモ・バイオ(株)

従来の質量分析技術では、その空間分解能に限界があり、仮にイオン化のためのレーザー分解性能を向上させても数十ミクロンが限界でした。

名古屋大学 環境医学研究所 脳機能分野 澤田 誠教授はLC-MS対応型質量分析イメージング前処理装置(MSイメージングアクセレレータ;商標登録申請中)を開発し、既存の質量分析計を高分解能型質量イメージング装置として、最大空間分解能:2.7µmを達成しました.

CSR_Transmittome_01.png

基本原理(特許出願済み)

 この技術では、組織切片からレーザーを用いて直径5〜150μm程度の小片をホットメルトフィルムに固定した形で切り出し、その「位置座標」を保ったまま質量分析サンプルプレート上に一定の間隔で置き直して質量分析を行います。

 同時に「座標再現機能」によりすべての切り出し小片の位置情報が管理できるため、異なった切片からのデータから質量イメージの3D表示ができ、さらに、ホットメルトフィルムをつかった特定物質のイオン化抑制作用により、質量顕微鏡では検出が難しかった難溶性のペプチドなど分子量15,000ダルトンまでの高分子の分析も可能となりました。

  一方、通常の質量分析イメージングはMALDI-MSを用いて解析しますが、切り出した小片をリキッドハンドリング技術と組み合わせて可溶化することで、LC-MSによる質量分析イメージングにも応用できます。

 LC-MSはMALDI-MSに比べて定量性に優れるほか、その分離機能を利用することにより、より特異的な検出が可能で、実際に薬物動態を単一細胞レベルで解析すると、薬物の作用点や細胞ごとへの影響や効果の違い、代謝や排出などをイメージングできることがわかり、薬物の毒性や安全性を評価する新しい手法として有用です。

CSR_Transmittome_02_LC-MS.png

  コスモ・バイオでは、澤田教授との共同研究により、脳内神経伝達物質や薬物の動態解析を迅速・網羅的に行える技術として、トランスミットーム™(Transmittome™)と名付け、以下の作動薬・遮断薬やトランスミッターの受託解析を開始いたしました。なお、下記リストに掲げた薬物は測定例であり、基本的にLC-MSにて分析可能な薬剤、化合物であれば解析可能です。

CSR_Transmittome_03_aminoacid.png
CSR_Transmittome_04_catecole.png
CSR_Transmittome_05_tryptophan.png
CSR_Transmittome_06_agonist.png

測定例

CSR_Transmittome_07_Pilocarpine_mouse_model.png

 

解析内容

LC-MS/MS分析による薬物動態解析

 

装置

API-4000(Sciex社製)

 

サンプル形態

組織および細胞切片

 

納品物

  • LC-MS/MSのスペクトルデータ(gifファイル)
  • 動態解析結果の一覧(エクセルファイル)
  • 解析方法、結果の見方を記載した報告書(PDFファイル)

分析サービスの方針

  • 情報の守秘
  • サンプルを提出された組織 (機関、会社) との間に秘密保持契約がなくても、提供されたサンプルの情報についての守秘義務を有します。 書面での締結が必要な場合はお問い合わせ下さい。
  • サンプルの廃棄
  • 受託依頼者から依頼されたサンプルについての分析を終了した後、残存するサンプルがある場合には、6 ヶ月間の保管の後に廃棄することを原則とします。
  • 作業費の請求
  • 受託解析の結果、弊社の過失によらず動態解析に至らない場合は、希望販売価格の60%を作業費として申し受けます。

お問い合わせ先 : 営業部 創薬営業ユニット

価格等詳細につきましては、当社 営業部 創薬営業ユニット までお問合せください。

TEL
03-5632-9616
FAX
03-5632-9614
E-mail
dds_info@cosmobio.co.jp

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「脳内薬物動態解析受託サービス トランスミットーム™【Transmittome™】」は、下記のカテゴリーに属しています。