サポート情報

Q&A

記事ID : 12676

FAQ : nanoimmunotech(NIT)社 nitzipper® 技術について

【01】 nitzipper® リンカーのサイズはどれ位ですか?

nitzipper® リンカーのサイズは 4.6 KDa です。

pagetop

【02】 nitzipper® のリンカーUとTの複合体形成に特異性はありますか?

NIT社から供給されるnitzipper® ピースには、nitzipper® リンカー(リンカーUまたはT)が分子の機能活性に影響を与えない領域に修飾されております。その為、2つ以上の nitzipper® ピースを混合すると、互換性のある nitzipper® リンカー(リンカーUおよびT)が特異的に結合し複合体を形成します。

pagetop

【03】 nitzipper® コンジュゲート(リンカーUとTの複合体)の形成にはどのくらい時間がかかりますか?

最初に混合ステップとして、約30秒の操作時間が必要です。その後nitzipper® ピース間の複合体形成は、室温でのインキュベーションで15分以内に終了します。

pagetop

【04】 nitzipper® ピースはどの様に精製されていますか?

全ての nitzipper® ピースは、FPLC/HPLC にて精製されており、高純度(≥98%)の状態で提供されます。

pagetop

【05】 nitzipper® ピースはどのように提供されますか?

大抵の nitzipper® ピースは、1x PBS(pH 7.4)中に保存された状態で提供されます。一部のピースに関しては組成が多少変更される場合がありますので、詳細は製品データシートを参照ください。

pagetop

【06】 nitzipper® の結合の種類と強度を教えてください

nitzipper® リンカー間の結合は共有結合ではありませんが、生体分子が安定に存続できる条件下で長期間にわたり非常に安定な複合体を形成します(Kd=〜10-10 M) 。

pagetop

【07】 nitzipper® の複合体形成に使用可能なバッファーは何ですか?

nitzipper® 複合体形成用バッファーとして、1x PBS(pH 7.4)を推奨します(Conjugation Buffer 1x、品番:810002/Conjugation Buffer 10x、品番:810001)。また、Tris、TE、MOPS、MESなどのバッファーも使用可能です。

pagetop

【08】 nitzipper® の複合体形成効率は?

nitzipper® ピースをモル比 1:1 で使用した場合、nitzipper® の複合体形成効率は〜100% です。それ以外の比率でも、〜100% です(但し、各 nitzipper® ピースが結合可能な nitzipper® リンカーの数に依存します)。詳細については製品データシートを参照、もしくはお問合せください。

pagetop