サポート情報

Q&A

記事ID : 146

Q&A : ORIGENE(ORG)社 オルガネラマーカーについて

【01】 オルガネラマーカーに使われている蛍光タンパク質は何ですか?

Evrogen社のturboGFPとturboRFOを使用しています。これらは、EGFPと比較してそれぞれ112、187%の明るさがあり、非常に 明るい蛍光タンパク質です。また、トランスフェクション後8-10時間でも蛍光を検出できます。二量体構造にもかかわらず、tGFPやtRFPは、細胞下 構造をラベリングするための融合タンパク質としてうまく使われています。オリジン社のオルガネラマーカーは、正確なラベリングを個々にテスト済みです。

pagetop

【02】 tGFPの励起/発光(Ex/Em)波長は?

Ex/Em max=482/ 502 nm です。tGFPは、EGFPやFITCで一般的に使われている蛍光フィルターセットで検出できます。推奨Omega Optical filter setは、QMAX_Green, XF100_2, XF100_3, XF115_2, XF116_2です。

pagetop

【03】 RFPの励起/発光(Ex/Em)波長は?

Ex/Em max=553/ 874 nm です。tRFPは、Texas Redで一般的に使われている蛍光フィルターセットで検出できます。推奨Omega Optical filter setは、QMAX_Yellow, XF108_2, XF101_2, XF111_2です。その他、TRITCフィルターセットでも検出できます。

pagetop

【04】 オルガネラ画像を得るために、蛍光顕微鏡が使えますか?

オルガネラや細胞下構造の一部の観察には、蛍光顕微鏡をお使いいただけますが、大抵画像の透明度が十分でありません。シャープなオルガネラ画像を得るためには、共焦点顕微鏡を強くおすすめします。オリジン社の検証データはすべて、共焦点顕微鏡により得られた画像です。
http://www.origene.com/assets/documents/trueorf/FP-Images.pdfPDF

pagetop

【05】 ウェスタンブロットでtGFP融合タンパク質を検出するのに使用する抗体は?

Evrogen社のrabbit polyclonal against denatured turboGFP(cat#AB513)をおすすめします。
http://www.evrogen.com/products/antibodies/AB-TurboGFP.shtml

pagetop

【06】 ウェスタンブロットでRFP融合タンパク質を検出するのに使用する抗体は?

Evrogen社のrabbit polyclonal against turboRFP (cat#AB231)をおすすめします。
Evrogen.http://www.evrogen.com/products/antibodies/AB-tRFP.shtml

pagetop

【07】 オルガネラマーカーの安定した哺乳類細胞株を作れますか?

作れます。すべてのオルガネラマーカープラスミドには、G418セレクション用にネオマイシン耐性マーカーがのっています。

pagetop

【08】 マーカーと一緒に使用すべきポジティブコントロールは?

任意の核タンパク質マーカー(例:cyclin D1)をおすすめします。もし、お客様がオルガネラに特異的な抗体を持っていれば、それをリファレンスポイントとして使うことも可能です。

pagetop

【09】 各オルガネラマーカーのクローニングサイトと配列はどこで確認できますか?

オルガネラマーカーは全て、SgfIとMluIサイトにクローニングされています。ベクター配列は、下記URLよりご覧いただけます。
http://www.origene.com/cdna/cellPainter_Vector.aspx

pagetop

【10】 GFPタグ・RFPタグマーカーに使用すべきネガティブコンロトールは?

空のベクターをネガティブコントロールとしてお使いいただけます。詳細は、下記URLをご参照ください。 http://www.origene.com/cdna/cellPainter_Vector.aspx

pagetop

【11】 手持ちのORFをオリジン社のPrecisionShuttleシステムを使って蛍光タグの付け替えをすることができますか?

はい、できます。全てのオルガネラマーカー商品は、PrecisionShuttleシステムを使ったDestination vectorの間で簡単に付け替えができます。詳細は、下記URLをご参照ください。
http://www.origene.com/cdna/trueorf/destinationvector.aspx

pagetop

【12】 オルガネラマーカーはどのようにテストしていますか?

各オルガネラマーカープラスミドは、HEK293またはSKOv3細胞にトランスフェクションし、共焦点顕微鏡で画像を得ています。データは、下記よりご覧いただけます。
http://www.origene.com/assets/documents/trueorf/FP-Images.pdfPDF

pagetop

【13】 文献にどのように記載したらよいですか?

お使いになった商品名、品番と製造元OriGene Technologies (Rockville, MD)を記載してください。また、公開された文献を教えていただければ、ささやかなプレゼントをお送りいたします。

pagetop