サポート情報

Q&A

記事ID : 11888

FAQ : 腸内環境改善研究受託サービスについて

【01】 サンプル種について

盲腸内容物か糞便であることが多いですが、他の腸管内容物でもかまいません。 もしくは、上記の検体から抽出した微生物ゲノムDNAからの解析もお請けします。 動物種は問いませんが、ヒト糞便につきましては取り扱い制限が多いため、あらかじめ打ち合わせさせていただきます。

pagetop

【02】 サンプルの採取方法について

マウス/ラットの糞便は、採取日の24時間分をすべて集めることを推奨しています。コニカルチューブ等に集め、-20℃以下で保存してください。

pagetop

【03】 サンプルの最低必要量について

腸管内容物、糞便の場合 200mg
ゲノムDNAの場合 30ul(抽出条件を添付してください。開示不可能の場合、解析時の希釈倍率をご指定ください。) 上記以外の場合、良好なシグナルが得られない場合があります。

pagetop

【04】 輸送時の保存温度について

マウス/ラットの腸管内容物、糞便の場合 -20℃
ゲノムDNAの場合 4℃
ヒト糞便については別途ご相談

pagetop

【05】 料金形態について

サンプル数、検体によって単価が変わります。御見積は下記のフォームからご依頼ください。

単価例
糞便からゲノムDNAの抽出 7,000〜15,000円/Sample
リアルタイムPCR 3,000円/反応

 

pagetop

【06】 納期について

検体受領後約3〜4週間です。

pagetop

【07】 試験後の検体の扱いについて

糞便は破棄します。抽出DNAは納品致します。
糞便の返送が必要な場合はあらかじめご連絡をお願い致します。
なお、検体の保管業務は請け負っておりません。

pagetop

【08】 高脂肪食を4週間摂食後の結果が掲載されていますが、これより短い期間では有意差は出ないのですか?

被験物質によっては、1日〜数日で変化が得られるものがあります。
パンフレットの取得データは、高脂肪食摂取によって観察される体重増加、脂肪組織肥大、血中脂質上昇といった生理的データに対して、効果のあった被験物質について合わせて腸内細菌叢解析を行った例で、評価時期はこれらの結果が総合して得られる4週としたものです。
腸内フローラ解析の結果のみをもって効果の解釈をすることは非常に難しく、他の評価系と合わせて評価するに当たって、最適な摂取期間の設定してください。

pagetop