サポート情報

技術情報

記事ID : 16329

独自の合成技術で、ユビキチン研究分野を強力にサポートします!UbiQ社の特許技術


UbiQ社の特許プラットフォームは、3つの特許技術、UbiQ-Block™UbiQ-Click™ およびUbiQ-Syn™ から成ります。これらの技術により、ユビキチン(Ub)プローブやConjugate、変異体等を開発しています。UbiQ社では、自動化された固相ペプチド合成を使用して、ネイティブ構造の部位選択的ユビキチン化ペプチドを合成します。これらの新しい技術により、新薬開発スクリーニング、基礎研究および構造解析研究を強力にサポートいたします。

UbiQ社独自の新技術
Fig1:UbiQ社独自の新技術

特長

■  UbiQ-Block™

UbiQ-Block™ は、部位特異的に、ご希望のUb(Ubl)を修飾したポリペプチドを作成することを可能にします。この技術は、γ-及びδ-thiolysine(Fig2. 右図)を用いたUbiQ社独自の技術です。これらのthiolysineを用いた合成は、従来のFmocペプチド固相合成法にて合成されます。

【使用目的】

  • 脱ユビキチン化酵素(DUB)阻害剤探索におけるHTS試薬として利用可能
  • DUB活性のプロファイリング
  • 抗体(品質管理用)の開発
  • 基礎研究における汎用性の高いツール

■  UbiQ-Click™

UbiQ-Click™ は、特定のタンパク質分解酵素に対して安定なユビキチン修飾(ポリ)ペプチドを合成する技術する技術です。DUBの認識部位であるイソペプチド結合を、タンパク質分解に安定なアミド同配体で置換し、特定のタンパク質分解に安定なUb修飾(ポリ)ペプチドを合成します。このペプチドは、イソペプチドアミド結合部位のみが修飾されているため、周辺の全体的な構造は最大限保存されています。

【使用目的】

  • 不活性結晶化ツールとして
  • 修飾タンパク質/ペプチド特異的抗原に対する抗体作製
  • プロテオミクス研究:質量分析の親和性のサポート
  • DUBの研究や基礎研究用におけるツール

■  UbiQ-Syn™

UbiQ-Syn™ は、高効率な直鎖固相ペプチド合成により、76アミノ酸Ubのポリペプチド配列を合成する新技術です。この技術によって、現在の生物学的アプローチでは難しい、His6, HA等のアフィニティタグや蛍光色素を標識したUb変異体を生成することが可能となります。

【使用目的】

  • Ub-タンパク質間の相互作用研究
  • E1/E2/E3 ライゲーションメカニズムの研究
  • 特殊製品の中間体として(例:放射線同位体標識Ub)
  • 基礎研究ツール

UbiQ社技術を利用したDUBアッセイ:蛍光偏光(FP)を利用したハイスループット解析

従来のユビキチン試薬は、ネイティブのイソペプチド結合を欠き、機能性を持つものが少なく、試薬としての使用に制限がありました。UBiQ社独自の技術で合成したユビキチン試薬は、ネイティブな状態で、イソペプチドを保持したFP試薬およびそのアプリケーション例を紹介いたします。

●  DUB活性解析に蛍光偏光を使用

タンパク質分解による蛍光偏光(FP:Fluorescence polarization)変化のモニタリングによって、DUB活性の測定が可能です(Fig.3)。FPは、分子の回転速度の変化を測定します。Ub/Ublに結合した蛍光分子(例:TAMRA-Lys(Ubl)-X)は、偏光によって励起されると、高分子のため回転速度が遅くなり大きな偏光度(高P値)になります。このタンパク質がDUBによって分解されると、蛍光分子は小さいリガンド(例:TAMRA-Lys-X)に結合しただけの状態になり、分子が小さいため励起されると急速に回転し、蛍光が偏光解消して偏光度を減少させます(低P値)。

TAMRA-Lus(Ubl)-XのDUB活性測定

Fig.2 TAMRA-Lus(Ubl)-XのDUB活性測定

上記プラットフォームを使った試薬・受託サービスはコチラ

  • カタログ請求
  • お問い合わせ

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては
使用しないように、十分ご注意ください。