サポート情報

技術情報

記事ID : 13830
研究用

アデノウイルス,AAVおよびレンチウイルスの比較(adenovirus,AAV and lentivirus)

SignaGen Laboratories(SGL)社 ウイルス選択の手引


In vitro および in vivo 研究には最高の感染効率を誇るアデノウイルスをご選択ください。遺伝子治療研究には持続的な導入遺伝子発現と非病原性、低抗原性が望める rAAV をご選択ください。レンチウイルスは安定細胞株の早急な樹立の際にご選択ください。

A comparison among adenovirus, AAV and lentivirus
A comparison among adenovirus, AAV and lentivirus

 

Advantages of adenovirus over lentivirus and AAV
Advantages of adenovirus over lentivirus and AAV

 

Relative in vitro Infectivity of AAV Vectors
Relative in vitro Infectivity of AAV Vectors

 

In Vivo Infectivity of AAV Vectors
In Vivo Infectivity of AAV Vectors
  • カタログ請求
  • お問い合わせ

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては
使用しないように、十分ご注意ください。