商品情報

食品の細菌検査・嫌気性細菌の培養に最適小型インキュベータ P-BOX

このエントリーをはてなブックマークに追加

パーソナルタイプのインキュベーターです。

裏面には電源摂取口が設けてありますので、スターラーやローテーター等の小型機器の収納が可能です。さらに、温度センサーやCCDカメラを入れて資料の経時変化を記録することができます。また、複数台使用することで、同じ試料を異なる温度で同時に培養することも可能です。各サンプルの専用機にすれば、クロスコンタミの防止に役立ちます。

小型インキュベータ P-BOX

特長

  • 小型・軽量ですので、簡単に移動でき場所をとりません。※1
  • 温度調節が簡単で、ヒーターのON・OFFもパイロットランプで確認できます。
  • 本体は一体成形で生産していますので、この価格と気密性を実現しています。
  • 室内は熱伝導式ですので、試料・培地間のコンタミを最小に抑えられます。 
  • 内槽は特殊な表面処理を行っていますので、細菌が付着しにくくなっています。※2

※1 クリーンベンチ内の殺菌灯により、本体樹脂が劣化する可能性がございます。直接殺菌灯のあたらない状態でご使用ください。
※2 簡易な恒温・一時保管用としてお使いください。

用途

  • P-BOXをクリーンベンチ内に設置して、無菌環境下で使用できます。
  • 操作中のサンプルを大型インキュベータに入れるまでの一時保温に便利です。
  • 実験台上でも場所を取らないので、少量のサンプルを扱いたいときに便利です。

サンプル温度分布

90mmシャーレに15mLずつ水を入れ、3時間保温後、棚板ごと本体から出し、放射温度計で温度分布を測定しました。各シャーレの水温には温度差が見られませんでした。

仕様

  縦置きタイプ 横置きタイプ
方式 エアージャケット
温度調節範囲 (室温+5℃)〜45℃
温度分布精度 ±2℃(at 37℃、※環境温度23℃ 無負荷時)
有効内寸法 220(W)×300(D)×235(H)mm 310(W)×300(D)×148(H)mm
内部容積 約18L(扉部含む) 約17.5L(扉部含む)
外形寸法 309(W)×362.5(D)×458.5(H)mm 455.5(W)×362.5(D)×312(H)mm
総重量 約5.5kg 約4.8kg
内槽材質 冷間圧延ステンレス鋼板[SUS304]
外装材質 ABS/AS
加熱ヒーター マイカヒーター100V 130W シリコンゴムヒーター100V 130W
温度センサー 液膨式熱感知接点サーモスタット
過熱防止器 サーモスタット-手動復帰方式
電源 AC100V 50/60Hz
最大消費電力 130W
付属品 棚板(スチレン系)、棒温度計

小型インキュベータ P-BOX

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
パーソナルデスクトップインキュベーター縦置き
P-BOX ; Pesonal Incubator Vertical Type
SAN 0156E 1 UNIT
[UNIT]
SAN社
00156
1 を参照
パーソナルデスクトップインキュベーター横置き
P-BOX ; Pesonal Incubator Holizonal Type
SAN 0157E 1 UNIT
[UNIT]
SAN社
00157
1 を参照
縦置用棚板
Lack for 0156E
SAN 0158E 1 UNIT
[UNIT]
SAN社
00158
1 を参照
横置用棚板
Lack for 0159E
SAN 0159E 1 UNIT
[UNIT]
SAN社
00159
1 を参照
お問い合わせ

「小型インキュベータ P-BOX」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO