商品情報

研究用

カルシウムチャンネルの阻害剤・調節剤Ca2+チャネル 活性化因子/ブロッカー 探索キット

このエントリーをはてなブックマークに追加

Alomone社からはこれらのCa2+を研究する上で有用なツールとして細胞内Ca2+調節エコノキット(EK-100)を販売しております。

背景

細胞内Ca2+調節システム細胞内Ca2+調節システム(汎用記号)

Ca2+は増殖、分化、エキソサイトーシス、収縮、代謝といった生物学的に重要なプロセスを調節する細胞内シグナル伝達因子のひとつです(1)。細胞内Ca2+濃度は通常10-100 nMに保たれていますが、ホルモン、ニューロトランスミッター、成長因子等の生理的な刺激によって、活性Ca2+依存性シグナル伝達経路により100-200 nMまで増加します(2)。病理学的/発作の状態においては、Ca2+の過負荷により細胞内Ca2+濃度はmMレベルにまで到達し、細胞死につながる場合もあります(3)。細胞内Ca2+濃度は2つの方法によって調節されています。ひとつは細胞外よりCa2+を取り入れる方法で、もうひとつは細胞内に蓄えたCa2+を放出する方法です。

細胞内Ca2+機能の測定や理解はFURA-2、FLUO-3などの蛍光Ca2+指示薬の導入により大幅に進歩しました(4)。またその後、たくさんの細胞内Ca2+量を測定する化合物が開発されています。人為的に細胞内Ca2+濃度を増加させる簡単な方法は、Ionomycin(5)A23187(6)といったCa2+選択的なイオノフォアを使う方法です。細胞内Ca2+量を減少させるにはBAPTA-AM(7)を用いる方法があります。BAPTA-AMは即座に加水分解され、Ca2+結合物質となりCa2+を保持するため、細胞内Ca2+シグナルが減少します。G-タンパク結合7-トランスメンブレンレセプターの活性化により、多くの生理学的リガンドによっても細胞内Ca2+の量は増加します。(図)このようなシグナルはG-タンパク活性剤(GTP-γ-S)により起こり、G-タンパク阻害剤(GDP-β-S)(8)Neomycin Sulfate(9)によってブロックされます。レセプターが活性化したG-タンパクはもうひとつのセカンドメッセンジャーであるIP3を生成するホスホリパーゼC(PLC)を活性化します(10)。PLCの活性化はU-73122(11)によって効果的に阻害されます。代わりにレセプターは様々なCa2+チャンネルを活性化し、細胞内Ca2+量を増加させます。

小胞体/筋小胞体は細胞内に蓄えているCa2+を放出する2つのタイプのレセプターを持っています。イノシトール1,4,5三リン酸(IP3)レセプター(12)の効果的なアゴニストはD-IP3です(13)。(D-IP3は活性がなく陰性コントロールとして使用できます。)低分子量のHeparinはアンタゴニストです(14)。Transverse tubule(横行性の細管)膜は電位センサーとCa2+チャンネルの2つの機能を持ったDihydropyridine レセプターを含んでいます。その細管はFeetと呼ばれる構造を通して筋小胞とつながっています。これらのFeetはCa2+放出チャンネルとして働き、Ryanodine レセプター(RYR)としても知られています(15)
これらのレセプターはRyanodine によって活性化されます。(Anhydroryanodineは不活性な化合物です)Cyclic-ADP-riboseは推定上のセカンドメッセンジャーで、RYRと結合し、活性化します(15)CaffeineはRYRを介してCa2+の放出を増加させ、可逆的であるという利点を持っています(16)Dantrolene(17)Ruthenium Red(18)はRYRの選択的アンタゴニストです。

各物質名及びその作用
No. 物質名 作用
1 A23187 Ca2+ ionophore
2 BAPTA-AM Ca2+ chelator
3 Neomycin sulfate PLC inhibitor
4 Miconazole CRAC inhibitor
5 Loperamide CRAC activator
6 D-IP3※1 IP3 receptor antagonist
7 L-IP3 Inactive analogue of D-IP3 (negativecontrol)
8 Heparin※1 IP3 receptor antagonist
9 Ryanodine RYR agonist
10 Anhydroryanodine Inactive analogue of Ryanodine (negativecontrol)
11 Dantholene※1 RYR antagonist
12 Ruthenium Red RYR antagonist
13 Caffeine RYR activator
14 CyclicADP-ribose※1 RYR agonist
15 Thapsigargin SERCA pump inhibitor
16 Thapsigargin Epoxide Inactive analogue of Thapsigargm (negativecontrol)
17 Cyclopiazonic Acid SERCA pump inhibitor
18 t-BuBHQ SERCA pump inhibitor
19 TMB-8 SERCA pump inhibitor

※1 本キット(品番EK-100)には含まれません。

IP3RとRYRはポジティブまたはネガティブのフィードバックに大変敏感です。ポジティブフィードバックプロセスであるCa2+放出Ca2+活性化チャンネル(CRAC)はCa2+スパイク波を形成する上で大変重要です(19)Miconazole(21)とSKF-96365(20)はこのチャンネルの阻害剤で、Loperamide(22)は活性剤です。筋小胞内におけるCa2+の濃度は筋小胞からのCa2+の放出とCa2+ATPポンプを介したCa2+の筋小胞内部への再取り込みのバランスによって決められます。このポンプが細胞内Ca2+が長い間細胞毒性を示すような高濃度になるのを防ぎます。細胞の原形質膜は広範に分布するCa2+ATP-ase(PAMCA)を持ち、細胞内Ca2+を細胞外に放出します(23)。細胞内Ca2+貯蔵はsarco/endoplasmic reticulum ATP-ase(SERCA)(24)という別のポンプを持ち、これはThapsogarginThap sigargin Epoxide(25) はこのネガティブコントロール)、Cyclopiazonic Acid(26)t-BuBHQ(27)TMB-8(28)によって阻害されます。

参考文献

1.Berridge, M.J. (1993) Nature, 361,315
2.Simpson, P.B. et al.(1995) Trends Neurosci. 18,299.
3.Berridge,M.J. et al.(1998) Nature, 395,645.
4.Davis, M.J. et al.(1992) Am.J. Physiol. 263,1292.
5.Liu,C.M. and Herman, T.E. (1978) J.Biol. Chem.235,5892.
6.Reed, P.W. and Lardy, H.A. (1972) J.Biol. Chem.246,6970.
7.Billman, G.E. (1993) Am J. Physiol.265,H1529.
8.Gilman, A.G. (1987) Ann. Rev. Biochem.56,615.
9.Carney, D.H. et al.(1985) Cell 42,479.
10.Fisher,S.K. and Agranoff, B.W. (1987) J.Neurochem.48,999.
11.Jule, D.I. et al.(1992) J.Biol. Chem.267,13830
12.Miyakawa, T. et al.(1999) EMBOJ.18,1303.
13.Nahorski, S.R. and Potter, B.V.L. (1989) Trends. Pharm. Sci.10,139.
14.Ehrlich, B.E. et al.(1994) Trend. Pharmacol.Sci.15,145.
15.Galione, A. and White, A. (1994) Trends. Cell. Biol.4,431.
16.Sitsapesan, R. et al.(1995) Trends. Phamcol. Sci.16,386.
17.Rosa, R. et al.(1997) J.Neurosci. Res.47,27.
18.Imagawa, T. et al.(1987) J.Biol. Chem262,16636.
19.Parekh, A.B. et al.(1997) Cell,89,973.
20.Fasolato, C. et al.(1990) J.Biol. Chem.265,20351.
21.Smaili, S.S. et al.(1998) Europ.J. Pharmacol.342,119.
22.Harper, J.L. et al.(1997) PNAS USA,94,14912.
23.Carafoli, E. et al.(1966) Experimentia52,1091.
24.Pozzan, T. et al.(1994) Physiol Rev.74,595.
25.Norup E. et al.(1986) Planta. Medica.52,251.
26.Demaurex, N. et al.(1992) J.Biol. Chem267,2318.
27.Kass, G,E,N. et al.(1990) J.Biol. Chem265,17486.
28.Himmel, H.M. and Raven U. (1990) J.Pharmcol. Exp. Ther.255,293

Ca2+チャネル 活性化因子/ブロッカー 探索キット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Intracellular Ca2+ Modulator Explorer Kit詳細データ ALO EK-100 1 KIT
¥239,000
Intracellular Ca2+ Modulator Explorer Kit(品番 EK-100)の構成内容
物質名 品番 作用
A23187
A-600
Ca2+ ionophore
Anhydroryanodine
A-510
Non Active Analogue of Ryanodine
BAPTA-AM
B-180
Ca2+ chelator
(±)-Bay K8644
B-350
Voltage-Gated Ca2+ Channel Activator
Caffeine
C-395
RYR activator
Cyclopiazonic Acid
C-750
SERCA pump inhibitor
Dantrolene sodium salt
D-185
RYR antagonist
Imperatoxin A
I-300
Ryanodine Receptor Modulator
Ionomycin
I-700
Potent and Selective Ca2+ Ionophore
L-IP3
L-250
Inactive analogue of D-IP3 (negativecontrol)
Loperamide hydrochloride
L-100
CRAC activator
Maurocalcine
RTM-100
Ryanodine Receptor 1 and 2 Modulator
Miconazole nitrate
M-206
CRAC inhibitor
Neomycin sulfate
N-305
PLC inhibitor
Ochratoxin A
O-400
Potent Modulator of Ca2+ ATPase Pump
Paxilline
P-450
Mycotoxin Blocker of KCa1.1 (BK) Channels and SERCA Pumps
Ruthenium red
R-175
RYR antagonist
Ryanodine
R-500
RYR agonist
tBuBHQ
T-220
SERCA pump inhibitor
Thapsigargin
T-650
SERCA pump inhibitor
Thapsigargin Epoxide
T-670
Inactive analogue of Thapsigargm (negativecontrol)
TMB-8 hydrochloride
T-245
SERCA pump inhibitor

【関連商品】Ca2+ ブロッカー 探索キット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
CaV2 Channel Blocker Explorer Kit詳細データ ALO EK-110 21 VIAL
¥324,000
Classical Ion Channel Blockers for Pain Research Explorer Kit詳細データ ALO EK-355 26 VIAL
お問い合わせ
CaV Channel Blockers for Pain Research Explorer Kit詳細データ ALO EK-385 13 VIAL
お問い合わせ
pagetop

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO