商品情報

研究用

糖鎖認識分子の検出に有用糖鎖プローブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

糖鎖をリガンドとする物質との相互作用の研究や糖鎖認識分子の検出に有用です。

糖鎖プローブ
    単糖 ・ 二糖 ・ 三糖 ・ 四糖他オリゴ糖

使用目的

ELISA(Enzyme-linked immunosorbent assay)やELLA(Enzyme-linked lectin assay)、ドットブロット法、またそれ以外の手法にも幅広くお使いいただけます。

特長

オリゴ糖リガンドはスペーサー[-(CH23-]と結合しさらに分子量30kDaのPAAというフレキシブルなポリマー鎖に固定されています。また、PAAは非特異的な吸着性が低く、化学的にも安定なキャリヤーです。遊離の糖鎖と比べて、102-105倍以上の親和性があります。
PAA:poly[N-(2-hydroxyethyl)acrylamide]
糖の含有量はそれぞれ約20%です。

ラインアップ

00620006_GLT_Probe_01_ol.gif
参考文献

N.V.Bovin,et al,Glycoconj. J.,10,142-151(1993).
N.V.Bovin Glycoconjugate J. 15,431-446(1998).
N.E.Nifant,et al,pp.267-275. ACS Symp. Ser. Volumesynthetic Oligosaccharides:Indispensable Probes for the Life Sciences・ Ed.P.Kovac,ACS,Washington DC(1994).
A.Ya.Khorlin,et al,Bioorgan.Khim.,12,1203-1212(1986).
E.Yu.Korchagina,N.V.Bovin Bioorgan. Khim.,18,283-298(1992).
E.V.Vlasova,et al,Ley. Hybridoma,13,295-301(1994).
O.E.Galanina,et al,Bioorgan. Khim.,17,343-352(1991).
O.E.Galanina,et al,Bioorgan.Khim.,17,1177-1187(1991).
K.Kitamura,et al,Proc. Natl. Acad. Sci. USA,91,12957-12961(1994).
J.Hodgson Biotechnology,13,38-39(1995).

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO