商品情報

研究用

MEFよりも長期間培養可能なフィーダー細胞JK1 フィーダー細胞

このエントリーをはてなブックマークに追加

JK1フィーダー細胞は、幹細胞の多くのタイプの未分化状態での維持のために使用されます。JK1フィーダー細胞は、ES細胞を加える前にマイトマイシンC(2-4時間、10μg/mL)で処理するなど、有糸分裂を不活化する必要があります。

背景

JK1フィーダー細胞

胚性幹細胞(ES細胞)は、多くの種において、胚盤胞の内部細胞塊(ICM:inner cell masses)に由来します。これらES細胞は、フィーダー細胞層上で培養することで、未分化状態を維持しつつ無制限に増殖することができ、正常な表現型と核型を安定に維持します。また、ES細胞は、in vitro および in vivo で多様な細胞種に分化する能力を有します。ヒトES細胞は、通常、血清代替物を含む培地と一緒に、MEF 上で維持されます。ヒトES細胞はまた、Matrigel®、ラミニンまたはフィブロネクチン上、MEF馴化培地中でフィーダーフリーで培養することも可能です。残念ながら、MEFは、老化を受ける前に約5回程度しか継代することができません。このことは、マウスから大量に新鮮なMEFを調製し、フィーダー細胞として利用するための凍結ストックの準備が必要です。そのプロセスは手間がかかるだけでなく、大変な時間と試薬を要し、ほとんどの場合、幹細胞増殖をサポートする能力が異なる不均一な細胞集団の生成をもたらします。

JK1細胞は、SMA+ CD34+ のマウス不死化精巣間質細胞株です。ES細胞、生殖系列幹細胞(精原幹細胞(SPCs;spermatogonial progenitor cells)、多能性成体精原幹細胞(MASCs;Multipotent adult spermatogonial-derived stem cells)、始原生殖細胞(PGCs;primordial germ cell)、胚性生殖細胞(EGCs;embryonic germ cells))など多くの幹細胞の長期的な培養をサポートします。

特長

  • マウスの不死化 SMA+ CD34精巣間質細胞株です。
  • MEFフィーダー細胞に比べ、長期間の増殖が可能です。
  • 多能性幹細胞や、生殖系列幹細胞(SPCやMASC)、始原生殖細胞由来のEGC等、様々な細胞タイプでご使用いただけます。
  • 幹細胞を添加する前に不活化します。
  • 株化細胞なのでロット間差がなく安定してお使いいただけます。

使用例

JK1細胞は、マウスES細胞の維持をサポートする。
図1.JK1 フィーダー細胞は、マウスES細胞の維持をサポートする。
JK1 フィーダー細胞上のマウスES細胞の位相差顕微鏡イメージ図(A)、MEF細胞上のマウスES細胞の位相差顕微鏡イメージ図(B)。
JK1 フィーダー細胞上で1ヶ月間培養したES細胞を免疫組織染色し、NANOG(C)とOCT4(D)の発現を解析。マウス
ES細胞の胚葉のマーカー((E) CD31, (F) HNF3β, (G) mucin, (H) VE-cadherin, (I) NeuN, (J) GFAP, (K) Nestin,(L) GCNA)の発現を免疫蛍光染色で解析。


図2.JK1 フィーダー細胞は、多能性成体精原幹細胞(MASCs)の多分化能を維持する。
JK1 フィーダー細胞上のMASC細胞の位相差顕微鏡イメージ図(A)
B-C:JK1 フィーダー細胞上で2週間培養したMASC細胞を免疫組織染色し、OCT4(B)とNANOG(D)の発現を解析。
D-I:MASC由来のテラトーマは、全ての三胚葉のマーカーを発現する。(D)CD31, (E)HNF3β, (F)mucin, (G)VE-cadherin, (H)GFAP, (I)GCNAの発現を免疫蛍光染色で解析。抗体による染色は緑色、核対比染色は青色を示す。

JK1 フィーダー細胞

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
JK1 Feeder Cells詳細データ CBL CBA-315 1 VIAL
販売終了

※1ml:>1×106cells/ml

CBL_bnr_05.jpg Cell Biolabs(セルバイオラボ)社商品一覧 セルベースアッセイ商品 ウイルス発現商品 幹細胞研究商品 酸化ストレス / 酸化損傷商品 代謝研究商品 Cell Biolabs(セルバイオラボ)社商品一覧
pagetop

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO