商品情報

インフルエンザA核タンパク質抗原検出ELISAキット

このエントリーをはてなブックマークに追加

インフルエンザAウイルスの核タンパク質抗原(NCP Antigen)を検出・測定するためのELISAキットです。

背景

インフルエンザAのサブタイプの同定はワクチン生産・疫学において非常に重要ですが、ヒトおよび動物のインフルエンザB/Cおよび他の呼吸器疾患要因とインフルエンザAの迅速かつ正確な区別もまた治療・ バイオセキュリティーの面において重要です。

Virusys(VRS)社は、ヒトおよび家畜のインフルエンザA核タンパク質抗原を高感度かつ特異的に検出する酵素免疫測定法を開発しました。本キットは、従来の方法に比べて実験時間を1.5時間短縮でき、洗浄ステップは1回のみです。

また、本ELISAキットはサンプルマトリクス由来の非特異的シグナルを減少させ、キットコンポーネント中の特定しがたい物質の吸着を防ぐように設計されているため、高感度かつ特異的な結果をもたらします。

※本商品は研究用試薬です。診断用には使用できません。

使用目的

Chromogenic (品番IAV142-2、品番IAV142-5)

  • インフルエンザAウイルス(IAV)抗原キャプチャープレート(96テスト)
  • サンプル調製液
  • ポジティブコントロール
  • ネガティブコントロール
  • 洗浄バッファー
  • HRP標識検出抗体
  • 発色基質溶液
  • 反応停止液
  • サンプル希釈トレー

Chemiluminescent (品番IAV143-2、品番IAV143-5)

  • IAV抗原キャプチャープレート
  • サンプル調製液
  • ポジティブコントロール
  • ネガティブコントロール
  • 洗浄バッファー
  • HRP標識抗体
  • ルミノール液
  • 過酸化水素溶液
  • サンプル希釈用トレー

使用例

インフルエンザA各タンパク質抗原検出ELISAキット使用例

Virusys社のInfluenza A Nucleoprotein Antigen Detection ELISA(photometric version)を用いてインフルエンザA H9N2サブタイプを連続希釈法により検出した。吸光度は、製品のプロトコールに従って算出し、ウイルスタイター希釈(EID50/ml)に対してプロットした。ポジティブコントロールとネガティブコントロールの値より下の値は切り捨てて表しています。この分析では、300EID50/mlのH9N2を検出することができた。

インフルエンザA核タンパク質抗原検出ELISAキット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Influenza A NCP Antigen Capture ELISA - Photometric, Virus詳細データ VRS IAV142-2 2 PLATE
¥152,000
Influenza A NCP Antigen Capture ELISA - Photometric, Virus詳細データ VRS IAV142-5 5 PLATE
¥336,000
Influenza A NCP Antigen Capture ELISA - Chemiluminescent, Virus詳細データ VRS IAV143-2 2 PLATE
お問い合わせ
Influenza A NCP Antigen Capture ELISA - Chemiluminescent, Virus詳細データ VRS IAV143-5 5 PLATE
お問い合わせ

Influenza A Virus(IAV)Nucleoprotein Antigen キャリブレーションキット

  • IAV核タンパク質抗原濃縮液(250 ng/mL)
  • IAV核タンパク質抗原希釈液
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Influenza A Antigen Calibration Kit, Virus詳細データ VRS IAV198 10 ASSAY
販売終了

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO