商品情報

研究用

牛の下痢性疾患病原体を測定ウシ下痢性疾患の病原体検出 ELISAキット Easy Digest

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウシ下痢性疾患の病原体を検出するためのELISAキットです。

背景

ウシウイルス性下痢は、6ヶ月未満の仔牛の主な死因となっています。新生児の胃腸炎は、多因子遺伝病です。これらの病気はウイルス(コロナウイルス、ロタウイルス)や細菌(サルモネラ、病原性大腸菌)あるいはCryptosporidium parvumなどの原虫によって引き起こされます。

コロナウイルスとロタウイルスは、新生児のウイルス性下痢症と関連している事が知られています。Cryptosporidium parvumは、糞便中に大量に存在しており、環境中でも長期にわたり生存することができます。F5陽性の腸管毒素原性大腸菌は、生後3日の仔牛、特にF5陽性の大腸菌に特異的な抗体を持たない仔牛で分離されます。ウイルス性下痢症の病原因子は、臨床症状では区別できないので、実験室内で行われます。これらの病原因子の特定は、培養・染色・電子顕微鏡など様々な技術を用いれば可能ですが、このような技術は、労力・時間・高度な技術を要します。

これらの古典的な技術は、ELISA法に置き換えることで、実験室にある設備で簡単に解析可能となります。これらの病原体の検出に用いるELISA法の感度と特異性は、古典的な方法よりも優れており、迅速かつ信頼性の高い結果が得られるため、大量のサンプルを解析するのに適しています。

特長

  • モノクローナル抗体を用いているので、特異性、信頼性の高い結果が得られます。 
  • サンプルを加えて室温で140分インキュベートするだけの簡単プロトコールです。 
  • 目視でも分光光度計でも確認できます。

構成内容

  • 96ウェル コート済み マイクロプレート(12×8 strips)
    <4種類の病原体に特異的な抗体(Rotavirus抗体・Coronavirus抗体・K99抗体・Crypto抗体)をコートしています。>
  • 洗浄試薬
  • 希釈用試薬
  • HRP標識検出用抗体 各4本(Rotavirus抗体・Coronavirus抗体・K99抗体・Crypto抗体)
  • ポジティブコントロール
  • ネガティブコントロール
  • 色原体(TMB)
  • 停止液

測定原理

ウシ下痢性疾患の病原体検出 ELISA キット Easy Digest

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Multiscreen AgELISA Calf digestive / sandwich, monowell詳細データ BOX BIO K 151/1 96 TEST
[1-plate kit, 96 samples (strip)]
¥57,000
Multiscreen AgELISA Calf digestive / sandwich, monowell, Bovine詳細データ BOX BIO K 151/2 192 TEST
[2-plate kit, 192 samples (strip)]
¥93,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO