年末〜年度末キャンペーン 「コスモ・バイオの大感謝祭」 絶賛開催中!!

商品情報

本製品はキトサンナノ繊維をコーティングした培養基材です。

キトサンはエビ・カニをはじめ昆虫・貝・キノコに至るまで、多くの生物に含まれる天然素材の 「キチン」をアルカリ処理(脱アセチル処理)して得られる高分子多糖類です。キトサンの分子量や脱アセチル化度(キチンからキトサンへの変換率)を制御す ることで、より良好な生体適合性、生分解性など種々の機能性を発現します。
キトサンナノ繊維を固定化した基材では、キトサンナノ繊維が細胞の足場となり、細胞の接着性が向上した結果が得られました。(ポリスチレン単独のプレートやガラス製カバースリップと比較)
ポリリジンやコラーゲンコートの培養基材とは異なり、再滅菌が可能で取扱いが容易です。

  * 無料サンプルは1研究室あたり1点のみです。

※ただし、サンプルはプレートから1種類、カバーストリップから1種類のみとさせていただきます。

使用方法

【プレート】

  • プレートはウェル底部にキトサンナノ繊維(細胞培養面)が固定化されています。
  • プレートは1枚ずつ真空パックで包装しています。ご使用の際はハサミ等で真空パックを開封してご使用ください。

キトサンナノ繊維細胞培養基材 プレート
図1 プレート

【カバースリップ】

  • カバースリップ基材はカバーガラスの片面にキトサンナノ繊維(細胞培養面)が固定化されています。
  • カバースリップ基材はアルミラミネートパック(外包装)と透明パック(内包装)の二重包装です。
  • 1枚のアルミラミネートパックに5枚の透明パックが入っており、透明パックの中に1枚のカバースリップが入っています。

キトサンナノ繊維細胞培養基材 カバースリップ
図2

  • 透明パックの赤丸シールが貼付された側にキトサンナノ繊維固定化面(細胞培養面)が向くように包装しています。細胞培養面をお間違えにならないようにご注意ください。
  • 透明パック内は滅菌のために日本薬局方 消毒用エタノールが封入されています。
  • 開封の際は、まずアルミラミネートパックの切り込み口から開封して中の透明パックをピンセット等で取出してください。次に透明パックの上側をハサミ等で切り取り中のカバースリップをピンセット等で取出してご使用ください。
  • カバースリップはエタノールで濡れています。クリーンベンチ内で30分程度室温に放置してエタノールを乾燥させてからお使いいください。キトサンナノ繊維 (細胞培養面)が乾燥していても品質には問題ありませんので、培養液等でキトサンナノ繊維を十分に湿らせてからお使いください。

キトサンナノ繊維細胞培養基材 カバースリップ
図3 カバースリップ

推奨細胞

  • 神経系細胞はシュワン細胞(IMS32)やPC12 等の株化細胞ばかりでなく、神経節組織片培養が可能です。神経節に含まれる知覚神経細胞の突起伸長やシュワン細胞の遊走を観察することができます。成体マ ウス後根神経節の組織片培養では特別な前処理は必要なく組織片をキトサンナノ繊維上に静置することで培養が可能です。また神経突起伸長や増殖がほぼ二次元 平面に限定されるため、蛍光抗体法等による顕微鏡観察が容易です。(図4)
  • 内臓脂肪細胞は抗肥満薬、糖尿病治療薬や機能性食品成分のスクリーニ ングに用いられますが、成熟後の細胞接着が弱く2 週間程度で培養基材から剥離し長期培養が困難でした。キトサンナノ繊維上で培養すると繊維を抱き込むように増殖し播種後54 日経過しても剥離せず、脂肪細胞分泌サイトカインであるアディポネクチンの分泌も確認され細胞機能が維持された状態での長期培養が可能でした。(図5)
  • 主に接着性の株化細胞の培養に適しています。(培養実績細胞:マウス骨芽細胞MC3T3-E1、マウス線維芽細胞NIH3T3、アフリカミドリザル腎臓細胞COS-7、ヒト肝臓癌由来細胞HepG2、ヒト子宮頸部癌細胞HeLa 等)(図6)
  • 渡部和彦、伊藤聰一郎、清水恭子、境、勝義、大熊恒雄.「キトサン素材を用いた組織再生促進型マトリックスの開発II-キトサンナノ繊維を用いた神経組織培養」(2007) キチンキトサン研究13(2) 128-129
  • 特開2008-113580「細胞培養基材、及び細胞培養基材の製造方法」(北海道曹達株式会社、財団法人東京都医学研究機構、国立大学法人東京医科歯科大学)

仕様

項目 仕様 備考
キトサンナノ繊維脱アセチル化度 90%以上  
キトサンナノ繊維固定化量 0.05 〜 0.1mg/cm2 カバースリップは片面に固定化
滅菌方法 エタノール滅菌 基材はエタノール湿潤

マウスシュワン細胞IMS32
図4 マウスシュワン細胞IMS32

ラット内臓脂肪細胞
図5 ラット内臓脂肪細胞

マウス骨芽細胞MC3T3-E1、Helaヒト子宮頚部癌細胞
図6

キトサンナノ繊維細胞培養基材

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
キトサンナノ繊維細胞培養基材 : カバースリップ, 13 mmφ
Chitosan Nanofiber Coated Culture ware : cover slip,13 mmφ詳細データ
HKS HSC13 5 SHEET
¥2,000
キトサンナノ繊維細胞培養基材 : カバースリップ, 15 mmφ
Chitosan Nanofiber Coated Culture ware : cover slip,15 mmφ詳細データ
HKS HSC15 5 SHEET
¥2,000
キトサンナノ繊維細胞培養基材 : 12 wellプレート
Chitosan Nanofiber Coated Culture ware : plate, 12 well plate詳細データ
HKS HSP12 1 PLATE
¥3,800
キトサンナノ繊維細胞培養基材 : 24 wellプレート
Chitosan Nanofiber Coated Culture ware : plate, 24 well plate詳細データ
HKS HSP24 1 PLATE
¥3,800
キトサンナノ繊維細胞培養基材 : 96 wellプレート
Chitosan Nanofiber Coated Culture ware : plate, 96 well plate詳細データ
HKS HSP96 1 PLATE
¥3,800

※ 室温で保管できます。品質有効期限は出荷日から1 年間です。(カバースリップは保管中にキトサンナノ繊維が乾燥して白くなることがありますが、品質には問題ありません。)
※ カバースリップ18 mm φ ・22 mm φ及び48well プレートはご要望に応じて作成いたします(受託生産)。

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO