商品情報

研究用

QuickTiter™ レトロウイルス定量キット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウイルスの力価の正確な測定は、ウイルスベクターによる遺伝子導入の際に非常に重要です。従来のプラーク形成試験(PFU)は時間がかかり、アッセイ間の差が大きいことが問題視されていました。

セルバイオラボ社のQuickTiter™レトロウイルス定量キットは、精製ウイルスあるいは非精製ウイルス上清中のウイルス核酸含有量を特異的に測定します(図)。特に、非精製のウイルス上清は、形質導入ステップ前の上清力価測定に適しています。

特長

  • 迅速操作:45-60分で結果が得られます。
  • 精製ウイルスあるいは非精製ウイルス上清中のウイルス核酸含有量を特異的に測定します
  • 検出限界は、1.5 × 10Viral Particles (VP)/mLです。

構成内容

  • QuickTiter™試薬 A
  • QuickTiter™ レトロウイルス 試薬 B1
  • QuickTiter™ レトロウイルス 試薬 B2
  • QuickTiter™ 試薬 C
  • CyQuant® GR Dye
  • QuickTiter™ レトロウイルス RNAスタンダード

測定原理

レトロウイルス定量キットの測定原理
測定原理

QuickTiter™ レトロウイルス定量キット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
QuickTiterTM Retrovirus Quantitation Kit詳細データ CBL VPK-120 1 KIT
[20 assays]
¥117,000
CBL_bnr_05.jpg Cell Biolabs(セルバイオラボ)社商品一覧 セルベースアッセイ商品 ウイルス発現商品 幹細胞研究商品 酸化ストレス / 酸化損傷商品 代謝研究商品 Cell Biolabs(セルバイオラボ)社商品一覧
pagetop

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「QuickTiter™ レトロウイルス定量キット」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO