商品情報

記事ID : 42038
研究用

AAT Bioquest NEWS 2021年 4月号_8アクリジンオレンジの用途と使用方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ABD_17502_01.png

図1.アクリジンオレンジの使用例。
各細胞を集団の状態、及びシングルセルの状態でアクリジンオレンジを用いて染色した。A549:ヒト肺癌由来細胞、Met-5A:ヒト中皮由来細胞、WBC:白血球。スケールバー=50um。(Lili et al., Oncol Lett . 2019 May;17(5):4532-4544.)。

アクリジンオレンジは、50年以上にわたって微生物研究に使用されており、現在でも様々な分野で最も広く使用されている蛍光色素の一つです。

細胞透過性のカチオン性色素であるアクリジンオレンジは,特に二重蛍光を示すことが特徴で、DNAとRNAのどちらに結合しているかによって異なる波長の蛍光を発します。DNAと結合すると、スペクトル的にはフルオレセインと非常によく似ており、502nmに励起極大、525nmに発光極大(緑)を示します。RNAと結合すると、励起極大は460nmに、発光極大は650nm(赤)にシフトします。落射蛍光顕微鏡で最もよく使用されています。

ABD_17502_02.png
図2.アクリジンオレンジの分子構造

商品情報

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Acridine orange詳細データ ABD 17502 100 MG
¥16,000
Acridine orange *10 mg/mL solution in water*詳細データ ABD 17503 10 ML
¥16,000
pagetop

【関連情報】

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「アクリジンオレンジの用途と使用方法」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO