商品情報

記事ID : 42330
研究用

AAT Bioquest NEWS 2021年 5月号_2 Transfectamine™ 5000:高い導入効率と低い細胞毒性

このエントリーをはてなブックマークに追加

aat-bioquest-news-202105-2-abd_01.png

図1.他社製品とのトランスフェクション効率の比較。
CHO-K1細胞を6ウェルプレートで90%コンフルエントまで培養後、2.5µgのGFPプラスミドを他社製品、あるいはTransfectamine™ 5000 Transfection Reagent (品番:60020)でトランスフェクションした。トランスフェクションから24時間後に、FITCチャンネルの蛍光顕微鏡で画像を撮影した。

トランスフェクションとは、核酸を、非ウイルス性の方法で真核細胞に意図的に導入するプロセスで、 物理的あるいは化学的な手法で行われます。エレクトロポレーションやマイクロインジェクションなどの物理的手法は、効率が悪く、細胞にダメージを与える傾向があります。
化学的手法によるトランスフェクションでは、リン酸カルシウムや有機デンドリマーから、Transfectamine™などのリポフェクション試薬のようなものまで、さまざまな材料を使用しますが、どれも条件検討/最適化を実施する必要があります。

トランスフェクションには2つの重要な課題があります。1つはトランスフェクション効率を向上させること、もう1つはトランスフェクションプロセスの実行に伴う細胞毒性を最小限に抑えることです。

Transfectamine™ 5000 Transfection Reagent (品番:60020) を用いて細胞をトランスフェクションすると、類似の試薬と比較してはるかに高いトランスフェクション効率、且つ細胞毒性が低いことを社内での厳密なテストにより示すことができました。

【オンラインツール】

商品情報

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
TransfectamineTM 5000 Transfection Reagent詳細データ ABD 60020 0.5 ML
¥43,000
pagetop

【関連情報】

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Transfectamine™ 5000:高い導入効率と低い細胞毒性」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO