• ホーム
  • 商品情報
  • Caspase 8活性アッセイによるアポトーシス検出と阻害剤スクリーニング

商品情報

記事ID : 42850
研究用

AAT Bioquest NEWS 2021年 8月号_4Caspase 8活性アッセイによるアポトーシス検出と阻害剤スクリーニング

このエントリーをはてなブックマークに追加

aat-bioquest-news-202108-4-abd_01.png
図1.Caspase 8活性の検出。
Cell Meter™ Caspase 8 Activity Apoptosis Assay Kit *Red Fluorescence* (品番:22816)を用いた。
Jurkat細胞をマイクロプレート上に播種し、スタウロスポリンの有無で比較した。
キットのCaspase 8 Working Solutionでインキュベートした後、FlexStation蛍光マイクロプレートリーダー(Molecular Devices社)を用いてEx/Em = 540/620 nm (Cutoff = 610 nm)で蛍光強度を測定した。

アポトーシスは、膜のブレビング、DNAの断片化、あるいは初期段階の細胞死の場合にはカスパーゼカスケードなど、いくつかの異なるパラメータを用いて測定されます。
カスパーゼは、プロテアーゼ酵素のファミリーで、その機能はアポトーシス、ネクローシス、パイロトーシス(炎症)のプロセスと密接に関連しています。
カスパーゼファミリーには複数のカスパーゼが存在し、その中でもCaspase 8は最も重要なものの一つであり、Caspase 8は、ハンチントン病などの神経変性疾患にも関与することが知られています。

Caspase 8の活性を評価することは、アポトーシスを起こした細胞に関する情報を得るだけでなく、創薬の重要な側面である阻害剤のスクリーニングにも利用できます。
AAT Bioquest社のCell Meter™ Caspase 8 Activity Apoptosis Assay Kit *Red Fluorescence* (品番:22816)は、Caspase 8の活性測定に必要な試薬が全て含まれています。

Resources & Information

aat-bioquest-news-202108-4-abd_02.png図2.ライブセルフローサイトメトリー解析。
Cell Meter™ Live Cell Caspase 8 Binding Assay Kit *Red Fluorescence* (品番:20116) を用いて、Jurkat細胞の活性型Caspase 8を検出した。
細胞はスタウロスポリン (緑) コントロールとしてDMSO (赤) 、スタウロスポリン + ZVAD-FMK (Caspase阻害剤) (青)で処置した。細胞をiFluor 647-LETD-FMKとともに室温で1時間インキュベートし、蛍光強度をNovoCyteフローサイトメーターを用いてAPCチャンネルで測定した。

商品情報

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Cell MeterTM Caspase 8 Activity Apoptosis Assay Kit *Red Fluorescence*詳細データ ABD 22816 100 TEST
¥41,000
Cell MeterTM Live Cell Caspase 8 Binding Assay Kit *Red Fluorescence*詳細データ ABD 20116 25 TEST
¥72,000
pagetop

【関連情報】

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Caspase 8活性アッセイによるアポトーシス検出と阻害剤スクリーニング」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO