商品情報

記事ID : 15852
研究用

10 μg の抗体に R-フィコエリスリンを30分以内に標識Ab-10 Rapid R-Phycoerythrin Labeling Kit

このエントリーをはてなブックマークに追加
メーカー名:Dojindo Molecular Technologies Inc.

Ab-10 Rapid R-Phycoerythrin Labeling Kit は、10 μg の抗体に R-Phycoerythrin を 30 分以内に標識するためのキットです。
Reactive R-Phycoerythrin は、活性エステル基を導入した R-Phycoerythrin であり、抗体と混合するだけで安定な共有結合を形成します。本キットには標識に必要なすべての試薬が含まれています。

特長

  • 少量の抗体(10 μg)で R-Phycoerythrin 標識抗体を調製できる。
  • 抗体と混ぜるだけで標識できる。
  • 30 分以内に標識できる。

* 0.5〜1 mg/mL の抗体溶液を使用してください。抗体濃度が 1 mg/mL を超える場合は PBS で希釈してください。
* 試料溶液に不溶性の低分子物質が含まれる場合は、遠心して上清のみを標識反応に用いてください。
* 本キットには溶液の入ったマイクロチューブのコンポーネントが含まれています。チューブ内壁やキャップに溶液が付着していることがありますので、開封前に溶液を遠心等でチューブの底に落としてからご使用ください。
* 抗体溶液に含まれる添加剤は、その濃度が高い場合に標識反応を妨害することがあります。標識に影響を及ぼさない添加剤の最大濃度(表1)を確認の上、使用してください。
* Reactive R-Phycoerythrin はアルミラミジップに3本入っています。アルミラミジップを一旦開封した後は、未使用の Reactive R-Phycoerythrin はアルミラミジップに入れたままチャックをしっかりと閉め、-20℃で保存してください。Reactive R-Phycoerythrin 以外は、0〜5℃で保存してください。

構成内容

  • Reactive R-Phycoerythrin ×3
  • Reaction Buffer  100 μL×1
  • Stop Solution  100 μL×1

反応原理

反応原理

標識手順

標識手順
(画像はクリックで拡大されます)

蛍光特性

蛍光特性

 

実験例

R-Phycoerythrin標識抗体を用いたHL60細胞の蛍光染色

R-Phycoerythrin 標識抗体を用いた HL60 細胞の蛍光染色
a) R-Phycoerythrin 標識-抗 CD13 抗体、b) アイソタイプコントロール

表1. 標識に影響を及ぼさない添加剤の最大濃度
添加剤   添加剤  
Buffering agents (PBS, HEPES) Sodium azide < 0.1%
Sodium chloride BSA < 1%
Chelating agents (EDTA) Gelatin < 0.1%
Sugars (Glucose, Trehalose) Tris < 50 mmol/L
Glycerol < 50% Primary amines and thiols ×

Ab-10 Rapid R-Phycoerythrin Labeling Kit

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Ab-10 Rapid R-Phycoerythrin Labeling Kit詳細データ DMT LK34 3 PREP.
¥28,000

関連商品

  • Dojindo Labeling Kit シリーズ
    活性化試薬とフィルトレーションチューブを用いて、抗体などを簡単に標識するためのキットです。前処理-反応-精製まで全て1つのフィルトレーションチューブ内で行うことができ、3時間以内に標識体が得られます。1回の標識操作で 50〜200 μg のサンプルを処理することができます。

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Ab-10 Rapid R-Phycoerythrin Labeling Kit」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO