• ホーム
  • 商品情報
  • タンパク質濃度定量試薬 Advanced Protein Assay / Precision Red Advanced Protein Assay

商品情報

記事ID : 15115
研究用

界面活性剤存在下でもワンステップで測定可能タンパク質濃度定量試薬 Advanced Protein Assay / Precision Red Advanced Protein Assay

このエントリーをはてなブックマークに追加

Advanced Protein Assay / Precision Red Advanced Protein Assay は、迅速かつ高精度にタンパク質を定量できる試薬です。タンパク質間の変動が少なく、ワンステップで定量できます。

Advanced Protein Assay は、低濃度のタンパク質(25 µg/mL - 1000 µg/mL)の定量に、Precision Red Advanced Protein Assay は、より高濃度のタンパク質や濃度範囲の広いタンパク質(0.25 mg /mL - 50 mg/mL)の定量に最適です。

使用目的

Advanced Protein Assay 試薬(品番: ADV01-A / ADV01-B)

  • 濃度 25 µg/mL - 1000 µg/mL のタンパク質溶液に最適な高感度アッセイ
  • 1分以内に色調が緑から青に変化し、吸光度 570 - 615 nm で測定可能
  • 1 cm 光路長のキュベット または 96ウェルプレートを用いて簡単に定量
Advanced Protein Assay

[測定例]

  • SDS-PAGE サンプルバッファー
  • 非常にタンパク質濃度の低い溶液
  • カラムフラクション
  • 精製タンパク質・抗体
 

Precision Red Advanced Protein Assay 試薬(品番: ADV02-A / ADV02-B)

  • 高濃度のタンパク質や、濃度範囲の広いタンパク質(0.25 mg /mL - 50 mg/mL)に最適
  • 1分以内に色調が赤から青に変化し、吸光度 600 nm で測定可能
  • 様々なタンパク質・広範囲なタンパク質濃度で高い再現性
Advanced Protein Assay

[測定例]

  • 細胞抽出物
  • 血清サンプル
  • タンパク質濃度が中程度〜高い溶液
  • GLP基準(またはそれ以上)を適用する必要のあるタンパク質
  • 精製タンパク質・抗体
 

特長

  • ワンステップで定量
  • 界面活性剤が混在していても定量可能
  • 迅速で安定した発色
  • 様々なタンパク質を高感度に測定
  • タンパク質間の変動が非常に少ない

使用例

本製品と他の定量法の比較

本製品と他の定量法の比較

図1 Advanced Protein Assay 試薬(品番: ADV01-A / ADV01-B)と Precision Red Advanced Protein Assay 試薬(品番: ADV02-A / ADV02-B)は、タンパク質間の変動が少ない。
5種類のタンパク質を用いて Advanced Protein Assay 試薬、Precision Red Advanced Protein Assay 試薬、Bradford 法、Lowry 法を比較した。

 

界面活性剤や化学物質の定量への影響

本製品は、安定したアッセイで、様々な試薬に耐性を示します。

界面活性剤や化学物質の定量への影響

図2 Advanced Protein Assay 試薬(品番: ADV01-A / ADV01-B)を使用して、PBS バッファー中および SDS-PAGE サンプルバッファー中でのタンパク質定量を比較した。
サンプル 2 µL に試薬 300 µL を添加し、標準的な 96 ウェルプレートの1ウェル中で混合した。600 nm の吸光度を測定し、プロットした。PBS および SDS-PAGE サンプルバッファーのどちらの場合も、線形応答を示した。

Advanced Protein Assay

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Advanced Protein Assay (5X conc)詳細データ CYT ADV01-A 1*500 ML
¥52,000
Advanced Protein Assay (5X conc)詳細データ CYT ADV01-B 3*500 ML
¥138,000

Precision Red Advanced Protein Assay

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Precision Red Advanced Protein Assay (1X conc)詳細データ CYT ADV02-A 1*500 ML
¥34,000
Precision Red Advanced Protein Assay (1X conc)詳細データ CYT ADV02-B 3*500 ML
¥92,000

製品使用文献

Advanced Protein Assay

  1. Umeki et al., 2013. Rapid nucleotide exchange renders asp-11 mutant actins resistant to depolymerizing activity of cofilin, leading to dominant toxicity in vivo. J. Biol. Chem. 288, 1739-1749.
  2. Bachran et al., 2011. A lysine-free mutant of epidermal growth factor as targeting moiety of a targeted toxin. Life Sci. 88, 226-232.
  3. Honnappa et al., 2003. Thermodynamics of the Op18/stathmin-tubulin interaction. J. Biol. Chem. 278, 38926-38934.
  4. Mohri and Ono, 2003. Actin filament disassembling activity of Caenorhabditis elegans actin-interacting protein 1 (UNC-78) is dependent on filament binding by a specific ADF/cofilin isoform. J. Cell Sci. 116, 4107-4118.
  5. Rizzo and Piston, 2003. Regulation of β cell glucokinase by S-nitrosylation and association with nitric oxide synthase.J. Cell Biol. 161, 243-248.
  6. Schweizer et al., 2003. Crystal structure of caspase-2, apical initiator of the intrinsic apoptotic pathway. J. Biol. Chem. 278, 42441-42447.
  7. Gong et al., 2001. The mechanism of tryptophan induction of tryptophanase operon expression: tryptophan inhibits release factor-mediated cleavage of TnaC-peptidyl-tRNA(Pro). Proc. Natl. Acad. Sci. U. S. A. 98, 8997-9001.

Precision Red Advanced Protein Assay

  1. Castillo-Pichardo et al., 2013.  Dietary grape polyphenol resveratrol increases mammary tumor growth and metastasis in immunocompromised mice. BMC Complement. Altern. Med. 13:6.
  2. Zilberter et al., 2013.  Dietary energy substrates reverse early neuronal hyperactivity in a mouse model of Alzheimer's disease. J. Neurochem.10.1111/jnc.12127.
CYTOSKELETON NEWS バックナンバー

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「タンパク質濃度定量試薬 Advanced Protein Assay / Precision Red Advanced Protein Assay」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO