商品情報

記事ID : 35164
研究用

生体サンプル中のL-アラニンを簡便に定量!Amplite™ L-アラニンアッセイ (比色 / 蛍光)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Amplite™ L-アラニンアッセイは、生体サンプル中のL-アラニンを簡便かつ安定的に定量するキットです。

AAT Bioquest社 細胞代謝とシグナリングアッセイ

背景

L-アラニン(L-Ala)は、α-アミノ酸であり、タンパク質の生合成における鍵となる構成要素です。筋細胞により乳酸から主に合成され、肝臓を介して吸収されます。L-アラニンは、バリンおよびロイシンなどの分枝状アミノ酸やピルビン酸から合成することもできます。肝臓では、L-アラニンは代謝主流に入る前にグルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼによってピルビン酸に変換されます。L-アラニンは、グルコースの合成、したがって血糖管理に不可欠であり、免疫系応答および腎臓結石の予防に重要な役割を果たします。L-アラニンレベルの測定は、栄養不足、低タンパク質食およびストレスを評価するための有用なバイオマーカーです。

原理

過酸化水素を放出する酵素結合反応を利用しており、独自のQuest Fluor™L-Alanine センサーで比色または蛍光測定できます。このアッセイでは、吸光マイクロプレートリーダー(575nm)または蛍光マイクロプレートリーダー(Ex / Em = 540 / 590nm)を用いて、シグナルを検出します。

特長

  • 高感度:
     比色 / 10 µMのL-アラニンを検出
     蛍光 / 1.5 µMのL-アラニンを検出

構成内容

  • Component A: Quest Fluor™ L-Alanine Sensor
  • Component B1: Enzyme Mix 1
  • Component B2: Enzyme Mix 2
  • Component C: Assay Buffer
  • Component D: L-Alanine Standard
  • Component E: DMSO

プロトコール概要

  1. Lアルギニンスタンダードとテストサンプルの調整
  2. Lアラニン ワーキング試薬を添加
  3. 37℃で30分〜1時間インキュベート
  4. OD 575nmの吸収度測定。または蛍光強度(Ex/Em = 540/590 nm)で測定

製品データ

L-アラニンの用量反応
図.1 Amplite™ 比色 L-アラニンアッセイキットを用いたL-アラニンの用量反応
96ウェルクリアプレート、SpectraMax マイクロプレートリーダー (Molecular Devices)で測定
37℃で30分間のインキュベーションにて、10 µMのL-アラニンを検出

L-アラニンの用量反応
図.2 Amplite™ 蛍光 L-アラニンアッセイキットを用いたL-アラニンの用量反応
96ウェル黒色プレート、Gemini マイクロプレートリーダー (Molecular Devices)で測定
37℃で30分間のインキュベーションにて、1.5 µMのL-アラニンを検出

Amplite™ L-アラニンアッセイ (比色 / 蛍光)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
AmpliteTM Colorimetric L-Alanine Assay Kit詳細データ ABD 13826 200 TEST
¥62,000
AmpliteTM Fluorimetric L-Alanine Assay Kit詳細データ ABD 13825 200 TEST
¥62,000

【関連情報】

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Amplite™ L-アラニンアッセイ (比色 / 蛍光)」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO