商品情報

記事ID : 16745
研究用

マウスCD8aを検出するラットモノクローナル抗体Anti-CD8a 抗体(Clone:GHH8)

このエントリーをはてなブックマークに追加

本製品は、マウスCD8aを検出するラットモノクローナル抗体です。
細胞傷害性T細胞または抑制性(サプレッサー)T細胞を組織免疫染色で同定することが可能です。

背景

CD8 とは?

CD8は細胞傷害性T細胞または抑制性T細胞の分子マーカーです。CD8はナチュラルキラー細胞、胸腺リンパ球、T細胞リンパ腫、大型顆粒リンパ球白血病の細胞表面に発現しています。

抗原認識と持続的なT細胞の活性化は、T細胞受容体(T-Cell Receptor:TCR)とペプチド-主要組織適合遺伝子複合体(peptide-Major Histocompatibility Complex:pMHC)の相互作用により制御されます。T細胞の活性化は、TCRと共受容体CD8、CD4との協力により促進されます。当初CD8はマウスの細胞表面マーカーとして発見され、CD8陽性の細胞傷害性T細胞やCD4陽性の胸腺リンパ球を区別するために使用されました。
CD8aはヘテロ二量体(CD8αβ)かホモ二量体(CD8αα)として発現します。ヘテロ二量体(CD8αβ)は大部分の細胞傷害性Tリンパ球(CTL:Cytotoxic T-Lymphocyte)で発現します。このCD8ヘテロタンパク質は、隣接タンパク質のリン酸化を通して、チロシンキナーゼp56と物理的に会合し、T細胞の活性化シグナルを媒介します。

T細胞のシグナル伝達において、CD8共受容体はCD8陽性T細胞の発達や標的細胞との境界面の安定化、腸管上皮内Tリンパ球(intestinal Intraepithelial T Lymphocytes:iIELs)の活性化にも重要な役割を果たします。
従ってCD8は、自己免疫反応におけるT細胞の反応性、アレルギー、臓器移植による拒絶反応などの調節を目的とした治療ストラテジーの対象として注目されています。

特長

  • ラットモノクローナル抗体(クローン番号:GHH8)
  • FFPEサンプルでの適用を検証済
  • 非交差性:ヒト

使用例

Anti-CD8aの使用例
A. マウス脾臓FFPEサンプルで染色
本抗体(5µg/ml、1:100に希釈に相当)で室温で1時間インキュベート。ImmPRESS™ HRP anti-Rat(Vector Laboratories社)で検出。
B. ウイルス感染後のマウス肝臓FFPEサンプルで染色し、T細胞の侵襲を検出
Ventana社 自動染色システムで検出(標準プロトコールに準ずる)。本抗体(10µg/ml、1:50に希釈に相当)で4℃で30分間インキュベート。

参考文献

  1. Kersh AE et al. Cutting Edge: Resident Memory CD8 T Cells Express High-Affinity TCRs. Journal of Immunology 2015, 195: 3520-4.
  2. Wu RC et al. New insights on the role of CD8(+)CD57(+) T-cells in cancer. Oncoimmunology 2012, 1: 954-56.
  3. Hyland L et al. Mice lacking CD8+ T cells develop greater numbers of IgA-producing cells in response to a respiratory virus infection. Virology 1994, 204: 234-41.
  4. Prince HE et al. CD4 and CD8 subsets defined by dual-color cytofluorometry which distinguish symptomatic from asymptomatic blood donors seropositive for human immunodeficiency virus. Diagnostic & Clinical Immunology 1987, 5: 188-93.
  5. Gaudernack G et al. Isolation of pure functionally active CD8+ T cells. Positive selection with monoclonal antibodies directly conjugated to monosized magnetic microspheres. Journal of Immunological Methods 1986, 90: 179-87.
  6. Fleischer B et al. Function of the CD4 and CD8 molecules on human cytotoxic T lymphocytes: regulation of T cell triggering. Journal of Immunology 1986,136: 1625-8.

Anti-CD8a 抗体(Clone:GHH8)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti CD8a, Mouse (Rat) , GHH8詳細データ DNV DIA-808 0.2 ML
¥108,000

関連商品

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO