商品情報

記事ID : 15537
研究用

RNAi バリデーション済み抗体

このエントリーをはてなブックマークに追加

Proteintech Group(プロテインテック)社は、「RNAi 技術による抗体バリデーション」を開始しました。

これは、現在の業界標準をはるかに上回る抗体特異性の評価システムで、すでに 1,000 品目以上の抗体製品をsiRNA処理サンプルを用いて検証済みです。今後、プロテインテック社では、12,000 品目以上の抗体製品について同様の検証を実施していく予定です。

2016 CiteAb antibody awards の受賞について
 「Most exciting antibody validation initiative」部門

Proteintech Group社は、「CiteAbアワード2016」において、優れた抗体検証方法を実施する企業に贈られる「Most exciting antibody validation initiative」部門に選出されました。

再現性の危機」とNature誌でも特集される抗体市場において、プロテインテック社はRNAi技術を用いた抗体特異性の検証システムを開始し、その高水準の検証方法が評価されこの度の受賞となりました。
(詳細:http://unbouncepages.com/citeabaward/

CiteAbアワードとは?
同アワードは、抗体検索エンジンの英CiteAbが主催し、抗体分野での優れた企業、個人、試薬を表彰するものです。

背景

「特異的な抗体」をお求めですか?

抗体の特異性は、使用者の主な懸念材料として個別の文献[1-3]で言及されており、新しい抗体サプライヤーを選ぶ場合に最も重要な要素として順位づけされています[4]。

そのご要望、プロテインテック社がお応えします。

抗体検証方法の「新たなベンチマーク」、RNAi技術での抗体特異性の検証を開始

RNAi(RNA干渉:RNA interference)を用いた抗体特異性の検証は、ノックアウト動物モデルを使用しない場合、最も信頼のおける試験方法です。しかし、抗体業界において現在まで通常の試験方法としては一般的に適用されてはおりませんでした。

プロテインテック社では、今回新たに「RNAiによる検証手順」を設定し、今後すべての新製品といくつかの既存製品に適用していきます。この独自のRNAi 検証試験の展開によって、プロテインテック社は「抗体検証のゴールドスタンダード」を構築し、全ての研究者が抗体実験に貴重な時間とリソースを投入しないですむように、より利用しやすくします。

「RNAiによる検証」の動きは、業界の新たなベンチマークを確立すると共に、市販の抗体製品全体の検証水準を引き上げる可能性を秘めています。

siRNAを用いた抗体検証実験の例

AKT1抗体の siRNA 実験検証

AKT1抗体の siRNA 実験検証(Dr. Eva MartinezBalibrea)。
赤:AKT1(使用抗体:10176-2-AP)、緑:チューブリン

shRNAまたはコントロールで処理したA549細胞のTDP43発現

shRNAまたはコントロールで処理したA549細胞のTDP43発現。
(使用抗体:10782-2-AP、Data provided by Angran Biotech(www.miRNAlab.com))


STAT3-RNAi KCNN4-RNAi

特長

プロテインテック社のshRNA デザイン

  • ターゲットサイトの選択

    文献やオンラインのshRNAデザインツールから標的部位を入手します。

  • pGenesil-1 shRNA 発現ベクターの構築

    19-22mer 一本鎖DNAオリゴヌクレオチドを2つデザイします。一つは、ターゲットのshRNA(センス鎖)をコードし、他方はその相補鎖(アンチセンス鎖)をコードします。これらは、最終的に標的細胞で発現される場合、互いにアニールして二本鎖オリゴヌクレオチドを形成します。

  • ループ配列

    二つの配列(センス鎖とアンチセンス鎖)は、発現の際にヘアピンループ構造を形成する短いリンカー配列によって同じ鎖上で結合しています。多様なループ配列が機能的に利用できることが報告されていますが、プロテインテック社では "TTCAAGACG" の配列を使用しています。

  • その他詳細

    shRNA テンプレートの末端には、終結シグナルとして認識される6ヌクレオチドのポリ(T)テールが付加されています。二つのオリゴヌクレオチドの5' 末端は非相補的であり、pGenesil-1 vectorへの効率的な方向性クローニングのために BamHIとHindIII制限酵素サイトのオーバーハングを形成します。

抗体ラインアップ PGI_Tested-with-siRNA.png

[参考] RNAi とは?

RNAi(RNA干渉:RNA interference)は、配列特異的な遺伝子サイレンシングを研究室レベルで実施可能な、比較的新しい技術です。本手法は、最初に植物で発見され、後に動物でも見出された同名の生物学的プロセスに基づいています。自然界では、RNAiは、寄生体のヌクレオチド配列(例えば、ウイルス、トランスポゾン)に対して細胞を防御する上で重要な役割を担っています。

RNAi による作用機能の概要。

図. RNAi による作用機能の概要。
プラスミドDNAを発現させる方法による細胞へのsiRNA導入。

«詳細を解説»

RNAiの基本的前提は、「RNAレベルでの遺伝子発現制御手段」であるということです。すなわち、遺伝子転写とタンパク質翻訳段階の中間体として機能するmRNA(メッセンジャーRNA)を阻害し、タンパク質翻訳を妨げます。研究室の実験では、細胞などへの合成dsRNAの導入またはshRNA(small hairpin RNA)をコードするプラスミドDNAベクターの導入によって達成されます。dsRNAまたはshRNAは、その後一本鎖siRNAに加工され、相補的配列を持つmRNAを特異的に標的化して対合します。一度siRNAが結合して「沈黙(silenced)」させられた標的mRNAは、その後の細胞のプロセスを経て分解されます。RNAi法は、遺伝子の「ノックダウン(knockdown)」の一手法であり、成功するとウェスタンブロットで検出できないほどに標的タンパク質の発現量を低下させます。したがって、ウェスタンブロット膜上でshRNA処理サンプルのシグナルが存在しない(または大幅に低下)している場合、抗体が特異的であると同定できます。

pagetop
参考文献

[1] Couchman JR. Commercial antibodies: the good, bad, and really ugly. J Histochem Cytochem.2009;15(1):7–8.


[2] Kalyuzhny AE. The dark side of the immunohistochemical moon: industry. J Histochem Cytochem.2009;15(12):1099–1101. doi: 10.1369/jhc.2009.954867.


[3] Pradidarcheep W, Labruyere WT, Dabhoiwala NF, Lamers WH. Lack of specificity of commercially available antisera: better specifications needed. J Histochem Cytochem.2008;15(12):1099–1111. doi: 10.1369/ jhc.2008.952101.


[4] Christi Bird. Antibody User Survey. The Scientist Magazine. 2012 May 1,
http://www.the-scientist.com/?articles.view/articleNo/32042/title/Antibodies-User-Survey/

◆◇ 国内在庫あります!最短翌日お届け、一次抗体通常サイズ ◇◆

プロテインテック社抗体全商品、国内在庫あります!

◆◇ お求めやすい¥29,000!タグ抗体・コントロール抗体 ◇◆

◆◇ 優れた活性・安定性のリコンビナントタンパク質 Humankine® ◇◆

◆◇ 毒劇物非該当・冷蔵保管が便利!扱いやすいELISAキット ◇◆

Proteintech(プロテインテック)のELISAキット

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「RNAi バリデーション済み抗体」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO