商品情報

記事ID : 16951
研究用

抗コラーゲン抗体関節炎モデルマウス作製用の抗体カクテル関節炎誘導用モノクローナル抗体カクテル(C57BL/6用)

このエントリーをはてなブックマークに追加

本製品はモノクローナル抗体4種類の抗体カクテルです。コラーゲン誘導性関節炎(Collagen Induced Arthritis:CIA)モデルの代替として、抗コラーゲン抗体関節炎(Collagen Antibody-Induced Arthritis:CAIA)の誘導にご使用いただけます。

背景

CIAを発症させたマウスは、ヒトのリウマチ関節炎の実験モデルとして広く利用されています。しかし多くのトランスジェニックマウスの遺伝子背景であるC57BL/6系統のマウスでは、CIAやCAIAの発症率が低く、多量の抗体カクテルを投与する必要がありました。
本商品は、C57BL/6系統のマウスで関節炎を発症させるのに最適化されており、より少ない投与量で関節炎を発症させることができます。

CAIAモデルの利点

実験期間 マウスの場合、関節炎は通常24-48時間以内に発症します。観察は2週間程度で終了するため、評価回数やスコアリング期間を縮小することが可能です。
規模の縮小 発症率はほぼ100%のため、使用するマウスの数を減らすことが可能です。
同期性 個体間での発症時期を同期させることで、スケジュールを簡素化できます。
定常的・制御可能 病気の進行が定常的であり、様々な実験体系で評価することが可能です。
感受性 トランスジェニック系統で発症させる場合、抗体カクテルの投与量は2 mg/匹程度の少量です。

 

図1. ArthritoMab抗体カクテルの投与量とスコアリングの相関 (C57/BL6に投与)

図1. ArthritoMab™ 抗体カクテルの投与量とスコアリングの相関
(C57BL/6に投与)

他社との比較

  ArthritoMab™ 他社品
認識するエピトープ CB11、CB10、CB8 CB11のみ
病気の進行 定常的かつ制御可能 急激かつ深刻
肢への影響 一貫性あり、主に後肢 様々かつ予測不可能
C57BL/6への投与量 2 mg (1 vialで25匹分) 5 mg (1 vialで8匹分)

 

図2. 認識するエピトープ

図2. 認識するエピトープ

 

図3. 組織画像(マウスの系統:C57BL/6JN)

図3. 組織画像(C57BL/6JN)
2 mgの投与で、CIAモデルと同様の特徴が観察される。

関節炎誘導用モノクローナル抗体カクテル(C57BL/6用)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
ArthritoMABTM Antibody Cocktail for C57BL/6, Mouse (Mouse) , M2139, CIIC2, UL1, CIIC1詳細データ MDB CIA-MAB-2C 50 MG
お問い合わせ

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「関節炎誘導用モノクローナル抗体カクテル(C57BL/6用) 」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO