商品情報

研究用

阻害剤のスクリーニングに最適SensoLyte® 520 カルパイン活性測定アッセイ(蛍光)

このエントリーをはてなブックマークに追加

SensoLyte® 520 カルパイン活性測定アッセイは、FRET基質を利用して、カルパイン(Calpain)活性を測定するキットです。カルパイン阻害剤のスクリーニングなどにご利用いただけます。

μ-カルパイン(カルパイン1)とm-カルパイン(カルパイン2)の両方の活性を解析できます。

背景

カルパインとは?

カルパイン(Calpain)は細胞内のシステインプロテアーゼのファミリーです。

少なくとも15の普遍かつ組織特異的アイソフォームから構成されます。最もよく同定されているカルパインはカルパイン1と2としても知られている、μ-カルパインとm-カルパインです。カルパインはカルシウム依存性で、選択的開裂を介して多くのタンパク質の生物学的活性を調節することにより機能します。

これまでの研究で、血漿板活性化、アポトーシス、細胞周期、細胞増殖、分化、シグナル伝達などの多様なカルシウム調節性細胞内機構にカルパインが関わることが示されています。またカルパインが調節されないことは、アテローム性動脈硬化症、アルツハイマー、糖尿病および癌などの様々な疾患に関わります。カルパインは創薬研究において治療ターゲットとして注目されています。

特長

  • 操作時間1時間
  • 96ウェルプレートで100アッセイ分

構成内容

  • 5-FAM/QXL™ 520 カルパイン基質(Ex/Em=490 nm/520 nm)
  • 5-FAM リファレンススタンダード(Ex/Em=490 nm/520 nm)
  • アッセイバッファー
  • ヒト由来カルパイン
  • カルパインインヒビター
  • DTT

測定原理

SensoLyte® 520カルパイン活性アッセイキットは、新規の5-FAM/QXL™ 520 FRETペプチドが入っています。FRET基質をカルパインが切断してフラグメント化し、5-FAM蛍光が生じます。その蛍光は490nm/520nmで検出できます。蛍光強度の強さがカルパイン活性に比例します。μ-カルパイン(カルパイン1)とm-カルパイン(カルパイン2)の両方の活性を測定できます。

カルパイン活性測定アッセイの原理

アプリケーション

カルパインインヒビターアッセイ
カルパインインヒビターアッセイ

参考文献

Novgorodov, S. et al. (2011). Developmentally Regulated Ceramide Synthase 6 Increases Mitochondrial Ca2+ Loading Capacity and Promotes Apoptosis. J Biol Chem 286, 4644.

SensoLyte® 520 カルパイン活性測定アッセイ(蛍光)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
SensoLyte(R) 520 Calpain Activity Assay Kit *Fluorimetric*詳細データ ASI AS-72149 1 KIT
[100 assays]
¥121,000

SensoLyte® AMCカルパイン活性アッセイキット(蛍光)

蛍光基質Suc-LLVY-AMCを用いてカルパイン活性を検出するためのキットです。

<構成内容>

  • AMCカルパイン基質(Ex/Em=354nm/442nm)
  • AMCリファレンススタンダード(Ex/Em=354nm/442nm)
  • アッセイバッファー
  • ヒト由来カルパイン
  • カルパインインヒビター
  • DTT
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
SensoLyte(R) AMC Calpain Activity Assay Kit *Fluorimetric*詳細データ ASI AS-72150 1 KIT
[100 assays]
¥120,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


© COSMO BIO