商品情報

記事ID : 10370
研究用

BAMブランド抗体

このエントリーをはてなブックマークに追加
メーカー名:コスモ・バイオ株式会社

抗体ラインアップ

  • 【抗Mis13/c20orf172抗体】
    ヒトMis13タンパク質(c20orf172)はMis12キネトコア複合体を形成するタンパク質の1つで染色体の分離に必要です。またMis13は、細胞分裂のチェックポイントや染色体の整列に必要なBlinkin/AF15q14とも結合します。Mis13はコンデンシンのキネトコアへのリクルートにも必要であるとの報告もされています。
    使用論文:
    1. C. Obuse, et al. Nat . Cell Biol. 6, 1135-1141(2004).
  • 【抗ポリメラーゼδサブユニットp66抗体】
    ポリメラーゼδは真核生物の複製に必須の3種類のDNAポリメラーゼの1つでヌクレオチド除去修復、塩基除去修復、抗体遺伝子のVDJ組換え反応にも必要です。p66サブユニットは、ヒトDNAポリメラーゼδの機能的に重要なサブユニットの1つで、ポリメラーゼδ複合体の安定化及びDNAとの結合活性を促進します。
    使用論文:
    1. R. Hindges and U. Hubscher. Biol. Chem. 378, 345-362(1997).
    2. A. Johnson and M. O’Donnell. Annu Rev Biochem. 74, 283(2005).
    3. K. Shikata, et al. J. Biochem. 129, 699-708(2001).
  • 【抗His6タグ抗体】
    抗His6タグ抗体は、6XHisタグをN末端、C末端、中心部のいずれの部位に結合させたリコンビナントタンパク質の検出にも役立ちます。
  • 【抗Diphtheria toxin抗体】
    Diphtheria toxin及びそのCRM197ミュータントtoxinと反応します(図1)。
  • 【抗RRM2/RNR-R2抗体】
    リボヌクレオシド二リン酸還元酵素のM2 サブユニット(RRM2 or RNR-R2; 389aa, 45kDa)リボヌクレオチドからデオキシリボヌクレオチドに変換する酵素の律速サブユニットです。
  • 【抗Centrin 1抗体】
    Centrin 1(172aa, MW;19,570)は微小管形成中心の構造と機能に重要な役割を果たしています。Centrinは中心小体や中心体周縁格子に存在しています。

使用例


図1
左: Corynebacterium Diphtheria の培養液をSDS-PAGEで分析し、銀染色を行った。

Lane 1: タンパク質分子量マーカー(kDa)
Lane 2:精製したDiphtheria CRM197ミュータントタンパク質
Lane 3:精製したWild-typeのDiphtheria toxin
Lane 4:Corynebacterium Diphtheriaを培養した培地
右: 1/2,000倍希釈した抗体を用いてウェスタンブロットを行った。
Lane 1:タンパク質分子量マーカー(kDa)
Lane 2(*1):未精製のCorynebacterium Diphtheriaの培養液
Lane 3(*2):The two-fold diluted culture medium
Lane 4:精製したCRM197(10ng)
Lane 5:精製したDiphtheria toxin(200ng)

BAMブランド抗体

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti DSN1/Mis13, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ BAM 70-101 100 UL
¥40,000
Anti Diphtheria Toxin (Rabbit) 詳細データ BAM 64-010 100 UL
¥35,000
Anti RRM2 / RNR-R2 (Rabbit) 詳細データ BAM 70-050 100 UG
¥39,000
Anti Centrin 1, Human (Rabbit) 詳細データ BAM 70-110 100 UG
¥39,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「BAMブランド抗体」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO