商品情報

記事ID : 17251
研究用

ステロイド抱合体の研究、ドーピング分析に有用!β-グルクロニダーゼ/グルファターゼセット

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー名:株式会社日本バイオテスト研究所

β-グルクロニダーゼは、リンゴ貝の消化液より精製した、グルクロン酸抱合体を加水分解する酵素です。

背景

生体内では、薬物や毒物が投与されると、それを尿中に排出するよう反応します。排出しやすくするために、薬物・毒物は、水溶性の高いグルクロン酸によりグルクロン酸抱合体を生成します。

β-グルクロニダーゼ

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
β-Glucuronicase Type A-I詳細データ NBT 1101-1 5*5 ML
お問い合わせ

グルファターゼセット

キットで使用されているグルファターゼは、β-グルクロニダーゼに、尿中のリン酸を阻害する作用をもつサルファターゼを組み合わせた酵素で、高い水解効果を得ることができます。

【構成内容】

  • 酵素  5mL×2本入
    [リンゴ貝由来β−グルクロニダーゼ(TypeA-II)、42,000 Fishman U/mL(サルファターゼ 21,000Roy/U/mL を含む)]
  • 試薬A  120mL×1本(MgCl2、NH4Cl の混液)
  • 試薬B  120mL×1本(NH4OH を含有)
  • 酢酸緩衝液  100mL×1本(pH 4.8)
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
グルファターゼ セットTypeA-II
/ Glufatase SET TypeA-II, Unlabeled
NBT 1101-3 5*2 ML
[5ml x 2 vials]
販売終了

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO