商品情報

記事ID : 16126
研究用

肝・胆道疾患の研究にビリルビンアッセイキット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビリルビンアッセイキットは、血清・血漿・尿・ライセート中の直接ビリルビンを測定できるキットです。

背景

ビリルビン

ビリルビンはヘムの分解の副生成物で、グルクロン酸抱合型(直接ビリルビン)および非抱合型(間接ビリルビン)が存在します。非抱合型は、血液中でアルブミンと結合して肝臓に運ばれます。ビリルビンは肝臓でグルクロン酸抱合を受けて水溶性が向上し、胆汁に排泄されます。ビリルビン濃度の上昇は黄疸やジルベール症候群に関連し、一方、濃度の低下は心血管疾患や糖尿病につながります。

特長

  • 血漿、血清、尿、細胞/組織ライセート中の総ビリルビンや直接ビリルビンを測定
  • 検出限界: 0.5mg/dL
  • キットにはビリルビンスタンダードが付属します

構成内容

  • ビリルビンスタンダード
  • 反応促進剤
  • ジアゾ試薬
  • ネガティブコントロール試薬
  • アッセイ試薬A
  • アッセイ試薬B

測定原理

本キットは Jendrassik-Grof 法に基づいて測定します。ジアゾ化スルファニル酸は抱合型(直接)ビリルビンと反応してアゾビリルビンを形成し、比色法により 540nm で検出できます。非抱合型(間接)ビリルビンは反応が遅いため、総ビリルビンを測定する場合には反応促進剤を添加します。

使用例

総ビリルビン スタンダードカーブ
図1 総ビリルビン スタンダードカーブ

参考文献

  1. Jendrassik L, Grof P. (1938) Biochem Z 297: 81-89.
  2. Doumas BT, Perry BW, Jenderzejczak B, and Katona V. (1982) Clin. Chem 28: 2305-2308.
  3. McPhaul L, Kershaw M, Tilque D, and Eckfeldt JH. (1985) Clin. Chem. 31: 1229-1231.
  4. Rand RN and di Pasqua A., (1962) Clin. Chem. 8:570-578.
  5. Doumas BT, Yein F, Perry B, Jenderzejczak B, and Kessner A., (1999) Clin. Chem. 45:1255-1260

ビリルビンアッセイキット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Bilirubin Assay Kit詳細データ CBL MET-5010 200 ASSAY
¥72,000
CBL_bnr_05.jpg Cell Biolabs(セルバイオラボ)社商品一覧 セルベースアッセイ商品 ウイルス発現商品 幹細胞研究商品 酸化ストレス / 酸化損傷商品 代謝研究商品 Cell Biolabs(セルバイオラボ)社商品一覧
pagetop

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「ビリルビンアッセイキット」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO