商品情報

記事ID : 33244
研究用

Cas9 (CRISPR Associated Protein 9) ELISAキット

このエントリーをはてなブックマークに追加

細胞や組織ライセート中のS. pyogenes 由来の Cas9 を定量的に測定するELISAキットです。

背景

Cas9 (CRISPR associated protein 9) はRNA 誘導型ヌクレアーゼです。この酵素は、Streptococcus pyogenes を含む様々な細菌の CRISPR (Clustered Regularly Interspaced Short Palindromic Repeats) 獲得免疫システムに関与します。 Cas9 はプラスミドDNA や侵入するバクテリオファージDNA のような外来性DNA を解き、ガイドRNA の 20 塩基対のスペーサー領域と相補的な部位をチェックします。DNA 基質がガイドRNAに相補的である場合、Cas9 は侵入した DNAを切断します。

Cas9 タンパク質は、DNA への部位特異的な2本鎖切断を導入するゲノム工学ツールとして注目を集めています。多くの実験モデル動物において、非相同末端結合や相同組み換えを介するDNA切断により、遺伝子の不活性化や異種遺伝子の挿入が可能です。 また、関連するガイドRNA に相補的な類似配列を切断することも可能です。ヒト細胞におけるCRISPR/Cas9 システムの利用により、両遺伝子の欠損や遺伝子置換が実証されています。

CRISPR/Cas9 システム

特長

  • 検出限界:1.5 ng/mL
  • 細胞や組織ライセート中のS. pyogenes由来の Cas9 を検出

構成内容

  • 抗 Cas9 抗体コート済プレート
  • ビオチン標識 抗 Cas9 抗体
  • ストレプトアビジン-酵素コンジュゲート
  • アッセイ希釈液
  • 洗浄液
  • 基質溶液
  • 停止液
  • Cas9 タンパク質スタンダード

製品データ

Cas9 ELISA スタンダードカーブ

図1. Cas9 ELISA スタンダードカーブ

 

ELISAでのCas9タンパク質定量

図2. トランスフェクション293細胞での Cas9 タンパク質検出
哺乳類発現ベクターを用いて Cas9 タンパク質を一過性発現させた細胞と、モックトランスフェクションの細胞を用意した。48時間後、RIPAバッファーにて各細胞を溶解し、タンパク質濃度を測定した。その後、① 細胞ライセートなし (Neg)、② 50 ng/mL Cas9 ヌクレアーゼ (Pos)、③ モックトランスフェクションの細胞ライセート 10 µg (Mock)、④ Cas9 一過性発現細胞ライセート 10 µL (Cas9) の4つのサンプル中の Cas9 濃度を本キット (品番:PRB-5079) にて測定した。

Cas9 (CRISPR Associated Protein 9) ELISAキット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Cas9 (CRISPR Associated Protein 9) ELISA Kit詳細データ CBL PRB-5079 96 ASSAY
¥90,000
CBL_bnr_05.jpg Cell Biolabs(セルバイオラボ)社商品一覧 セルベースアッセイ商品 ウイルス発現商品 幹細胞研究商品 酸化ストレス / 酸化損傷商品 代謝研究商品 Cell Biolabs(セルバイオラボ)社商品一覧
pagetop

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Cas9 (CRISPR Associated Protein 9) ELISAキット」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO