商品情報

記事ID : 12398
研究用

低酸素誘導因子を細胞ベースで測定HIF-1α セルベース ELISA

このエントリーをはてなブックマークに追加

HIF-1αセルベースELISAキットは、固定細胞でHIF-1α を迅速に検出・測定します。

マイクロプレート上の細胞を HIF-1α を安定化するために刺激し、固定・透過処理した後、中和します。その後、HIF-1α を抗HIF-1α 抗体、続いてHRP標識二次抗体で検出します(化学発光測定)。

各キットには合計96アッセイを行うのに十分な試薬が含まれており、ヒト、マウス、ラットからHIF-1α を検出できます。

背景

HIF-1α とは

哺乳動物細胞は、低酸素状態の感知することができ、低酸素応答性の一連の遺伝子をオンにします。

低酸素誘導因子 HIF-1(hypoxia-inducible factor 1)は、VEGFやエリスロポエチン(erythropoietin)を含むいくつかの低酸素応答性遺伝子の活性化に関与します。HIF-1複合体は、HIF-1b/ARNT とHIF-1 Alpha(HIF-1α)の2つのタンパク質サブユニットから構成されます。HIF-1α は、正常な酸素条件下では継続的にユビキチンプロテアソーム系(UPS)によって分解されるため、検出されません。一方、低酸素条件下では、HIF-1α は安定化・蓄積し、細胞質から核へ移行後にHIF-1b/ARNTと二量体化して転写活性を示します。HIF-1複合体は、低酸素応答性領域(HREs:hypoxic response elements)に作用し、遺伝子発現を誘導する転写コアクチベーターを結合します。HIF-1 の安定性と機能の厳格な制御は、翻訳後修飾(ヒドロキシル化、ユビキチン化、アセチル化、およびリン酸化など)によって調整されます。

通常の酸素条件下においてHIF-1αの翻訳後修飾は、N末端トランス活性化領域、C末端トランス活性化領域、酸素依存的分解領域(ODDD:oxygen dependent degradation domain)で発生します。2つのプロリン残基のヒドロキシル化およびODDD中リジン残基のアセチル化は、HIF-1と von Hippel-Lindau (pVHL) ubiquitin E3 ligase complexの結合を促進します。pVHL complexはHIF-1をユビキチン化修飾し、26Sプロテアソームによって分解します。また、C末端トランス活性化領域中のC末端のアスパラギン残基のヒドロキシル化は、HIF-1とCBP/p300 との相互作用をブロックするため、HIF-1 転写活性が阻害されます。HIF-1αが合成されると、2-オキソグルタル酸ジオキシゲナーゼによって402番目と564番目のプロリン残基が急速にヒドロキシル化されます。これらのジオキシゲナーゼ(proline hydroxylase domains (PHDs))が低酸素または化学的に不活性化されると、HIF-1αの半減期が増加し、続く複合体の活性化をもたらします。

特長

  • インタクトなヒト・マウス・ラット細胞のHIF-1α レベルを迅速に検出
  • 合計96アッセイを行うのに十分な試薬

構成内容

  • 抗HIF-1 α抗体
  • HRP標識二次抗体
  • 10X 洗浄バッファー
  • アッセイ希釈液
  • 化学発光試薬A
  • 化学発光試薬B

測定例

HIF-1 αの検出特異性
図1.HIF-1α の検出特異性
ほぼコンフルエントなHeLa細胞を 0.2 mM デフェロキサミンメシレート(DFO)存在/非存在下で、37℃・4時間培養した。次に細胞を固定し、アッセイプロトコールに従って処理した。

HIF-1α セルベース ELISA

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
HIF-1α Cell Based ELISA Kit詳細データ CBL CBA-281 96 ASSAY
¥99,000

関連商品

CBL_bnr_05.jpg Cell Biolabs(セルバイオラボ)社商品一覧 セルベースアッセイ商品 ウイルス発現商品 幹細胞研究商品 酸化ストレス / 酸化損傷商品 代謝研究商品 Cell Biolabs(セルバイオラボ)社商品一覧
pagetop

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO