商品情報

研究用

iPS細胞/ES細胞の未分化維持に!SNLフィーダー細胞

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNL 76/7 フィーダー細胞はネオマイシン耐性とマウスLIF 遺伝子を形質転換したマウス線維芽細胞、STO 細胞のクローンに由来します。本不死化細胞は、ES細胞のほか、ヒト/マウスの iPS 細胞培養においても未分化状態を維持するフィーダー細胞として有用です。

背景

ES細胞 と LIF 

胚性幹細胞(ES細胞)は、多くの種において、胚盤胞の内部細胞塊(ICM:inner cell masses)に由来します。これらES細胞は、フィーダー細胞層上で培養することで、未分化状態を維持しつつ無制限に増殖することができ、正常な表現型と核型を安定に維持します。また、ES細胞は、in vitro および in vivo で多様な細胞種に分化する能力を有します。マウスES細胞(mES)では、フィーダー細胞を用いることによって培地中にLIFを添加することなく培養することができます。しかしながら、LIFはヒトES細胞(hES)においては、mES細胞と同様の効果を示しません。したがって、hES細胞の維持と誘導両方でフィーダー細胞を必要とします。

Dr. Allan Bradley によって樹立されたSNL 76/7 細胞[1]はネオマイシン耐性とマウスLIF 遺伝子を形質転換したマウス線維芽細胞、STO 細胞のクローンに由来します。SNL細胞は、ES細胞増殖のフィーダー細胞に使われており、近年ではヒトとマウスのiPS細胞培養にも使用されています[2, 3, 4]。

特長

  • SNL 76/7 フィーダー細胞: ネオマイシン耐性とマウスLIF 遺伝子を形質転換したマウス線維芽細胞、STO 細胞由来
  • ES 細胞培養、ヒト/マウスの iPS 細胞に有用
  • iPS 細胞/ES 細胞を加える前にマイトマイシンC 等で有糸分裂的に不活化する必要があります
参考文献

  1. McMahon, A.P. and Bradley, A. (1990) Cell 62:1073–1085. 
  2. Okita, K; Ichisaka, T; Yamanaka, S. (2007) Nature 448:313–317.
  3. Takahashi K, Okita K, Nakagawa M, Yamanaka S. (2007) Nat Protoc. 2:3081-9.
  4. Takahashi K, Narita M, Yokura M, Ichisaka T, Yamanaka S. (2009) PLoS One 4(12):e8067.

SNLフィーダー細胞

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
SNL Feeder Cells詳細データ CBL CBA-316 1 VIAL
¥124,000

※1ml:>1×106 cells/ml

CBL_bnr_05.jpg Cell Biolabs(セルバイオラボ)社商品一覧 セルベースアッセイ商品 ウイルス発現商品 幹細胞研究商品 酸化ストレス / 酸化損傷商品 代謝研究商品 Cell Biolabs(セルバイオラボ)社商品一覧
pagetop

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO