年末〜年度末キャンペーン 「コスモ・バイオの大感謝祭」 絶賛開催中!!

商品情報

記事ID : 34677
研究用

神経科学分野で研究するためのツールとして Chondroitinase ABC endo enzyme (E.coli)

このエントリーをはてなブックマークに追加


コンドロイチナーゼABC(ChABC)は、グラム陰性菌であるプロテウス・ブルガリス(Proteus vulgaris)から単離精製された酵素です。コンドロイチン硫酸プロテオグリカン(CSPG)などのグリコサミノグリカンを分解する能力があります。

背景

ChABCはin vivoでCSPGを分解および不活性化することが示されており、脊髄損傷部位での酵素の投与は多くのモデルにおいて回復を促進するとされています。CSPGは、軟骨のような結合組織を構成する糖タンパク質として知られており、神経系の神経再生における抑制的役割を担っています。したがって、特に神経科学の分野で研究するためのツールとしての重要性が上がってきています。

特長

  • 分子量[1][2]:120〜145 kDa(ゲルろ過およびスクロース勾配超遠心分離)
                 :c.a.115 kDa(SDS-PAGE、非同一サブユニット)
  • pH最適値[1]:pH8.0(コンドロイチン硫酸)、pH6.8(ヒアルロン酸)
  • Specific Activity:350 mU/mL
    活性は、モルガン−エルソン法に従ってコンドロイチン硫酸C(CSC) [Cosmo Bio Co., Ltd. CSR-NaCS-C2(ShC)3] から放出された不飽和二糖の測定により測定しました。

※単位の定義:1 Unitは、pH 8.0、37℃で1分間にCSCから1.0 µmolの不飽和二糖類を放出させるのに必要な酵素の量として定義されます。

参考文献
  1. Yamagata, T., et al., J. Biol. Chem., 243, 1523-1535 (1968).
  2. Martinez, J.B., et al., J. Biol. Chem., 234, 2236 (1959).
  3. Saito, H., et al., J. Biol. Chem., 243, 1536-1542 (1968).
  4. Suzuki, S., et al., J. Biol. Chem., 243, 1543 (1968).
  5. Oike, Y., et al., J. Biol. Chem., 257, 9751 (1982).

Chondroitinase ABC endo enzyme (E.coli)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Chondroitinase ABC, endo enzyme詳細データ CSR UOM001 20 UL
[350mU/ML]
¥48,000

【関連商品】

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Chondroitinase ABC endo enzyme (E.coli)」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO