商品情報

記事ID : 13741
研究用

CK1γ2(CSNK1G2, CK1G2) Active KinaseCK1γ2 活性型キナーゼ

このエントリーをはてなブックマークに追加

« 「SignalChem社 活性型 キナーゼ」トップへ

CK1γ2はセリンスレオニンタンパク質キナーゼであるCK1ファミリーメンバーであり、DNA複製や修復をはじめとした多様な細胞プロセスに関与する。CK1γ2は遍在的に発現する細胞質キナーゼであり、MTA1s(転移性腫瘍抗原1短鎖型)と相互作用してリン酸化し、細胞質において共存する。リン酸化されたMTA1sは、その後、乳癌細胞の細胞質に存在するエストロゲン受容体αを隔離する。CK1γ2は、セラミド伝達タンパク質(CERT)を高リン酸化し、新規スフィンゴミエリン合成酵素を減少させる。スフィンゴミエリン合成の減少は、高リン酸化されないCERT変異体の発現により回復できる。

CK1γ2 キナーゼ・関連製品対応表

活性型キナーゼ ペプチド基質 タンパク質基質 抗体 阻害剤
品名 品番 品名 品番 品名 品番 品名 品番 品名 品番
CK1 gamma 2, Active C68-10BG     Casein, Dephosphorylated C03-54BN     Apigenin K10-900C
K252A K10-900D
K252B K10-900E
Staurosporine K10-900

CK1γ2 活性型キナーゼ

CK1γ2(CSNK1G2, CK1G2) Active Kinase

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
CK1 γ 2, Active, Human詳細データ SCP C68-10BG 10 UG
¥72,000
CK1 γ 2, Active, Human詳細データ SCP C68-10BG 5 UG
¥50,000

CK1γ2 キナーゼ/種由来・タグ・発現系詳細

品番 品名 種由来 タグ 発現系 配列
C68-10BG CK1 gamma 2, Active Human GST(N-term) Sf9 Full Length

タンパク質基質

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Casein, Dephosphorylated, Bovine詳細データ SCP C03-54BN 1 MG
¥11,000

阻害剤

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Apigenin詳細データ SCP K10-900C 50 MG
¥33,000
K252A詳細データ SCP K10-900D 1 MG
¥113,000
K252B詳細データ SCP K10-900E 1 MG
¥113,000
Staurosporine詳細データ SCP K10-900 1 MG
¥101,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO