商品情報

記事ID : 43741
研究用

安定化2本鎖を有する強力なマイクロRNA阻害核酸 CL-AMO, anti-microRNA oligonucleotides

このエントリーをはてなブックマークに追加


マイクロRNA(miRNA)は18〜23塩基の内在性ノンコーディングRNAの一種で、メッセンジャーRNA(mRNA)の非翻訳領域に結合して遺伝子発現の制御を担っています1, 2。様々な遺伝子がmiRNAによる制御を受けるため、miRNAは様々な疾患とも密接に関わっています3, 4。Anti-miRNA oligonucleotide(AMO)は標的miRNAと相補的な配列(アンチセンス配列)を有し、miRNAに結合してその機能を抑制する人工核酸です。細胞内の核酸分解酵素に対する耐性を獲得させるために、一般的にAMOには様々な化学修飾や二次構造が導入されています。

CL-AMOは、クロスリンクして安定化させた2本鎖(CL)をアンチセンス配列の両末端に接続した構造を持つ強力なAMOです5。他のAMOに比べて遥かに高い細胞内安定性とmiRNA阻害効果を有しています6, 7

本製品は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所との共同研究により開発しました。

特長

  • 細胞内で高い安定性
  • 高い標的miRNA特異性
  • 高い標的miRNA結合力

細胞内で長期間安定的に作用

細胞のがん化と深く関係するmiR-21を標的とする CL-AMO(品番:CLAM-H21-5)を乳がん細胞株(MCF-7、ZR-75-1)にトランスフェクションし(終濃度:10 nM)、細胞増殖変化をWST-8法により測定しました。CL-AMOは9日間にわたって安定的に細胞増殖を抑制しました(図1A、B)。

図1A
図1B
 

図1. miR-21を標的とするAMOを終濃度が10 nMとなるようにトランスフェクションしたMCF-7細胞(A)およびZR-75-1細胞(B)の細胞数の変化。トランスフェクションした日を1とした相対値で表示。

高い標的特異性

MCF-7細胞に、miR-21を標的とするCL-AMO(品番:CLAM-H21-5)またはランダム配列を有するネガティブコントロールCL-AMO(品番:CLAM-NC1)をそれぞれトランスフェクションし(終濃度:20 nM)、細胞増殖変化をWST-8法で測定しました。miR-21を標的としたCL-AMOのみが増殖抑制効果を示しました(図2)。
CSR_CL-AMO_Fig2.png
図2. miR-21を標的とするCL-AMOまたはネガティブコントロールCL-AMOをMCF-7細胞に終濃度が20 nMとなるようにトランスフェクションした場合の細胞数の変化。トランスフェクションした日を1とした相対値で表示。

低発現miRNAにも効果的

一般的に低発現miRNAの抑制効果は検出しにくいと考えられています。乳がん細胞における発現量が少ないとされるmiR-148aを標的とする様々なAMOをMCF-7細胞にトランスフェクションしたところ、CL-AMOのみが低濃度でも増殖抑制を示しました(図3)。
CSR_CL-AMO_Fig3.png
図3. miR-148aを標的とするAMOを終濃度が20 nMもしくは200 nMとなるようにトランスフェクションしたMCF-7細胞の細胞数の変化。トランスフェクションした日を1とした相対値で表示。

参考文献
  1. Fabian, M. R., Sonenberg, N. & Filipowicz, W. Regulation of mRNA Translation and Stability by microRNAs. Annu. Rev. Biochem79, 351-379 (2010).
  2. Bartel, D. P. MicroRNAs: Target Recognition and Regulatory Functions. Cell 136, 215-233 (2009).
  3. Li, Y. & Kowdley, K. V. MicroRNAs in Common Human Diseases. Genomics, Proteomics Bioinforma10, 246-253 (2012).
  4. Ardekani, A. M. & Naeini, M. M. The role of microRNAs in human diseases. Avicenna J. Med. Biotechnol2, 161-179 (2010).
  5. Mie, Y. et al. Function Control of Anti-microRNA Oligonucleotides Using Interstrand Cross-Linked Duplexes. Mol. Ther. - Nucleic Acids 10, 64-74 (2018).
  6. Okumura, S., Hirano, Y. & Komatsu, Y. Inhibition of breast cancer cell proliferation with anti-microRNA oligonucleotides flanked by interstrand cross-linked duplexes. Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids 39, 225-235 (2019).
  7. Okumura, S., Hirano, Y. & Komatsu, Y. Stable duplex-linked antisense targeting miR-148a inhibits breast cancer cell proliferation, Scientific Reports 11, 11467 (2021).

CL-AMO, anti-microRNA oligonucleotide

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
CL-AMO, anti-hsa-miR-21-5p 詳細データ CSR CLAM-H21-5 1 VIAL
[1 nmol/vial]
¥45,000
CL-AMO, negative control1 詳細データ CSR CLAM-NC1 1 VIAL
[1 nmol/vial]
¥45,000

カスタム製造も承っております。詳細はお問い合わせ下さい。

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「CL-AMO, anti-microRNA oligonucleotides」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO