ページの本文へ移動

研究用

免疫組織染色用のリン酸化 Histone H3抗体 リン酸化ヒストンH3(PHH3)抗体

このエントリーをはてなブックマークに追加

免疫組織染色で有用な抗リン酸化ヒストンH3(PHH3)抗体です。

背景

免疫組織化学による研究結果から、セリン10あるいはセリン28がリン酸化された時にのみ、抗PHH3抗体がコアタンパクヒストンH2を特異的に検出することがわかっています。

また、アポトーシスの最中では、ヒストンH3のリン酸化が生じないという研究結果もあることから、PHH3はアポトーシス体と核破砕物から有糸分裂を分離する際のマーカーとして有用であると考えられています。特にCNS、皮膚、Gyn、Soft tissue、GISTにおける腫瘍悪性度を示す臨床ツールとして大変有用です。

染色データ

ヒストンH3抗体の染色例
図1 染色データ

リン酸化ヒストンH3(PHH3)抗体

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti histone H3, Phospho, Human (Rabbit)  CMC 369A-14-RUO 0.1 ML
納期未定
¥35,000
Anti histone H3, Phospho, Human (Rabbit)  CMC 369A-15-RUO 0.5 ML
販売終了
Anti histone H3, Phospho, Human (Rabbit)  CMC 369A-16-RUO 1 ML
納期未定
¥106,000
Anti histone H3, Phospho, Human (Rabbit)  CMC 369A-17-RUO 1 ML
納期未定
¥29,000
Anti histone H3, Phospho, Human (Rabbit)  CMC 369A-18-RUO 7 ML
納期未定
¥60,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

オウンドメディア

※当社のWEBサイトはユーザーの利便性を最適にし、それを保証するためにクッキーを使用しています。
 このWEBサイトの利用を継続することで、クッキーの使用に同意することになります。

© COSMO BIO