商品情報

記事ID : 15130
研究用

炎症性バイオマーカーであるC反応性タンパク質を定量CRP 測定ELISAキット(ヒト)

このエントリーをはてなブックマークに追加

CRP ELISA キットは、急性期の炎症性バイオマーカーであるCRP(C反応性タンパク質)を定量する、高感度な(12.685ng/mL) ELISA キットです。

競合法によるイムノアッセイ(比色)で、血清・血漿中のヒトCRPを2時間以内に定量できます。

背景

C反応性タンパク質(CRP)とは?

C反応性タンパク質(CRP)は、ペントラキシンファミリーに属するタンパク質で、全身性炎症および組織障害のバイオマーカーとして広く使用されています。

自然免疫における主な役割は、補体経路の活性化 および Fcγ受容体への結合を介した、病原体のオプソニン化です。CRPは、慢性炎症性疾患、心筋梗塞、肺疾患、アテローム性動脈硬化、癌、メタボリックシンドローム、うつ病などの様々な病理学的経路において、重要な役割を果たすことが示されています。

特長

  • 高感度 - 検出限界 12.685 ng/mL(検出範囲 10 - 810 ng/mL)
  • 同じファミリーのメンバーへの交差反応性はほとんどなし(ヒト血清アミロイドP成分 <0.015%)
  • ハイスループット - 最大40サンプル(n=2)を2時間以内に測定
  • 半定量的なウェスタンブロットとは異なる定量的な結果
  • 種反応性 - ヒト

構成内容

CRP(ヒト)ELISA キット
  • ヤギ抗マウス IgG マイクロタイタープレート(96ウェル)
  • CRP コンジュゲート(10×)
  • CRP 抗体(10×)
  • CRP スタンダード
  • ストレプトアビジン-HRP
  • アッセイバッファー 13
  • 洗浄バッファー
  • TMB 基質
  • 停止液
  • CRP アッセイレイアウトシート
  • プレートシーラー

使用例

図1 スタンダードカーブ
(画像はクリックで拡大されます)

図1 スタンダードカーブ

図2 平行性
(画像はクリックで拡大されます)

図2 平行性
CRPスタンダードがネイティブCRP(ヒト血清・血漿中)と同様に機能するかを確認するために、平行性を検討した。

参考文献

  1. Volanakis JE. Human C-reactive protein: expression, structure, and function. Mol Immunol. 2001 Aug; 38(2- 3):189-97.
  2. Pepys MB, Hirschfield GM. C-reactive protein: a critical update. J Clin Invest. 2003 Jun; 111(12):1805-12.
  3. Agrawal A, Gang TB, Rusiñol AE. Recognition functions of pentameric C-reactive protein in cardiovascular disease. Mediators Inflamm. 2014; 2014:319215.
  4. Mold C, Rodriguez W, Rodic-Polic B, Du Clos TW. Creactive protein mediates protection from lipopolysaccharide through interactions with Fc gamma R. J Immunol. 2002 Dec 15;169(12):7019-25.
  5. Du Clos TW. C-reactive protein as a regulator of autoimmunity and inflammation. Arthritis Rheum. 2003 Jun;48(6):1475-7.
  6. Pepys MB, Hirschfield GM, Tennent GA, Gallimore JR, Kahan MC, Bellotti V, Hawkins PN, Myers RM, Smith MD, Polara A, Cobb AJ, Ley SV, Aquilina JA, Robinson CV, Sharif I, Gray GA, Sabin CA, Jenvey MC, Kolstoe SE, Thompson D, Wood SP. Targeting C-reactive protein for the treatment of cardiovascular disease. Nature, 2006 Apr 27; 440(7088):1217-21.
  7. Singh SK, Suresh MV, Voleti B, Agrawal A. The connection between C-reactive protein and atherosclerosis. Ann Med. 2008; 40(2):110-20.
  8. Allin KH, Nordestgaard BG. Elevated C-reactive protein in the diagnosis, prognosis, and cause of cancer. Crit Rev Clin Lab Sci. 2011 Jul-Aug; 48(4):155-70.
  9. Agassandian M, Shurin GV, Ma Y, Shurin MR. C-reactive protein and lung diseases. Int J Biochem Cell Biol. 2014 May 19; 53C:77-88.
  10. Deetman PE, Bakker SJ, Dullaart RP. High sensitive Creactive protein and serum amyloid A are inversely related to serum bilirubin: effect-modification by metabolic syndrome. Cardiovasc Diabetol. 2013 Nov 9; 12(1):166.
  11. Vetter ML, Wadden TA, Vinnard C, Moore RH, Khan Z, Volger S, Sarwer DB, Faulconbridge LF; POWER-UP Research Group. Gender differences in the relationship between symptoms of depression and high-sensitivity CRP. Int J Obes (Lond). 2013 Aug; 37 Suppl 1:S38-43.
  12. J A Taylor, C J Bruton, J K Anderson, J E Mole, F C De Beer, M L Baltz, and M B Pepys. Amino acid sequence homology between rat and human C-reactive protein. Biochem J. Aug 1, 1984; 221(3): 903-906.

CRP 測定ELISAキット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
CRP, ELISA kit, Human詳細データ ENZ ENZ-KIT102-0001 96 WELL
¥57,000

製品使用文献

  1. Age dependent levels of plasma homocysteine and cognitive performance: A. Agrawal, et al.; Behav. Brain Res. 283C, 139 (2015), Application(s): ELISA using human plasma, Abstract; 外部リンク

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO