商品情報

記事ID : 16502
研究用

GPCR、キナーゼ、HNR、イオンチャネルなどを安定的に発現創薬研究用細胞株

このエントリーをはてなブックマークに追加

Applied Biological Materials社では、創薬研究にご利用いただける、Gタンパク質共役受容体(GPCR)、キナーゼ、核内受容体(NHR)、イオンチャネルなどの安定発現細胞株を幅広く取り揃えております。

背景

遺伝子安定発現細胞株/遺伝子ノックアウト細胞株は、遺伝子機能研究や創薬研究などの重要なツールとして利用されています。ベクターやオリゴ導入などによる一過性発現と異なり、安定発現細胞株は目的の遺伝子が長期発現するため、リコンビナントタンパク質の産生にも最適です。

細胞培養プロトコール

細胞培養プロトコール

商品ラインアップ

【ご注意】
上記商品は、2004年2月19日に施行されました「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(通称カルタヘナ法)の使用規制対象品です。ご使用に際しては、規則に則し、適切にお取扱いください。

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


© COSMO BIO