商品情報

記事ID : 11851
研究用

Grp78/BiPを高感度かつ迅速に検出Grp78 測定ELISAキット

このエントリーをはてなブックマークに追加

Grp78 測定ELISAキットは、細胞ライセートまたは血清中のGRP78を定量するための、競合ELISAキットです。ミスフォールドタンパク質、癌、神経変性疾患の研究に有用です。

背景

Grp78について

Grp78(Glucose-regulated protein)とは、BiP(binding immunoglobulin protein)としても知られ、小胞体に常在する分子シャペロンで、タンパク質のフォールディング及び集合、新しく合成されたペプチドの小胞体膜を通した輸送、カルシウム恒常性の調節、ミスフォールドされたタンパク質を分解するためのターゲッティングなどに関係しています。

また、GRP78は、PERK、IRE1、ATF6などの膜貫通型タンパク質の小胞体内腔のN-末端ドメインに結合し、これらのシグナルトンラスデューサーが変性タンパク質応答(unfolded protein response(UPR);小胞体機能を正常に戻すために細胞内環境を変化させる適応応答)を惹起するのを防ぎます。

タンパク質のミスフォールドが起きた場合、タンパク質表面に露出した疎水性残基にGRP78が結合し、タンパク質の凝集、輸送、分泌を防ぎます。グルコース欠乏やウイルス感染などの細胞内ストレスが起こると、未フォールドタンパク質が急速に蓄積されます。この蓄積により、疎水領域に結合するGRP78がより多く必要になり、膜貫通シグナリングタンパク質からGRP78が解離し、その結果UPRが誘導されます。 GRP78が解離すると、PERKは一般的な翻訳を減少させ、更なるタンパク質合成を阻害します。ATF6とIRE1は、小胞体のフォールディング、GRP78を含むシャペロンタンパク質、小胞体関連分解(ERAD)を介したミスフォールドタンパク質の分解を促進するタンパク質をアップレギュレートします。URPの活性化によるGRP78の過剰発現は、代謝性疾患(炎症性疾患、神経変性疾患、癌)の病理に関係していると考えられています。

特長

  • 迅速:2.5時間で、最大40サンプル(反復2回)の結果が得られます。
  • 高感度:8.4ng/mLのGrp78/BiPタンパク質が確実に測定できます。
  • 定量:ウェスタンブロット(半定量)より優れた完全定量結果が得られます。
  • 簡単:サンドイッチアッセイフォーマットに比べてステップ数の少ない簡単プロトコールです。

構成内容

  • 96ウェルマイクロプレート(ロバ抗ヒツジポリクローナル抗体でコート済み)
  • アッセイバッファー
  • GRP78(HRP標識)
  • GRP78抗体
  • GRP78スタンダード
  • 抽出試薬
  • 洗浄バッファー(20×)
  • TMB基質
  • 停止液

使用例

試験結果の例|Grp78 ELISAキット 図1 試験結果の例
サンプル Average Net OD GRP78 (ng/mL)
ブランク 0.042 -
B0 1.16 0
S1 0.05 4500
S2 0.17 900
S3 0.42 180
S4 0.8 36
S5 1.06 7.2
S6 1.12 1.44
計算式
Average Net OD
= Average OD - Average NSB OD
Percent Bound(B/B0)
= Net OD/Net B0 OD × 100

シクロスポリンAによるGRP78の誘導
図2 シクロスポリンAによるGRP78の誘導
Hela細胞を各濃度のシクロスポリンAで5時間処理した。未処理の細胞と共に抽出試薬で溶解し、本キットで分析した。結果は文献(Paslaru, L. et al. (1994))と一致した。本キットでGRP78レベルの変化が検出・定量できることがわかった。

ウェスタンブロット解析との比較|Grp78 ELISAキット
図3 ウェスタンブロット解析との比較
C6細胞ライセートを段階希釈し、ELISA及びウェスタンブロットで試験し、その結果を比較した。

Grp78 測定ELISAキット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Grp78/BiP ELISA kit詳細データ ENZ ADI-900-214-0001 96 WELL
¥104,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO