商品情報

研究用

顕微鏡観察やフローサイトメトリーでアポトーシスを蛍光測定Nuclear-ID® Green クロマチン凝縮検出キット

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nuclear-ID® Green クロマチン凝縮検出キットは、クロマチン凝縮を蛍光顕微鏡観察やフローサイトメトリーで測定します。

使用目的

本キットで使用している細胞透過性色素は、DNA二本鎖上に積み重ねられた塩基対間に入り込む芳香族性、平面カチオン構造をしている UVレーザーを必要としない 488nmレーザーで励起する緑色蛍光試薬です。色素分子の環境依存性蛍光増強や、溶液中のフリー色素に比例的な蛍光シグナル増加を示します。強いシグナル増強はアポトーシス中のDNA凝縮で観察されます。

特長

  • 凝縮クロマチンの蛍光検出によるアポトーシス解析
  • 細胞死パスウェイ解析や薬剤/毒性研究に最適
  • 正常細胞に比べてアポトーシス誘導細胞の凝縮クロマチンを40 倍強く蛍光染色
  • 洗浄不要の簡単プロトコール

構成内容

  • Nuclear-ID® Green 検出試薬
  • アポトーシス誘導試薬 (Staurosporine)
  • アッセイバッファー

その他

検出波長:Nuclear-ID®(緑)Ex/Em: 503nm/ 531nm

品質コントロール

  • 吸収ピーク:λmax = 507 ± 4 nm
  • 純度: ≧93% (HPLC)
  • QC:ロット毎にJurkat細胞でテストしています
  • 未処理コントロール細胞:生存細胞 >85%、アポトーシス細胞集団 <15%
  • アポトーシス誘導処理細胞:生存細胞 > 60%、アポトーシス細胞集団 <30%
  • アポトーシス細胞の平均蛍光/生存細胞の平均蛍光 >40

アプリケーション例

アポトーシスの過程でのクロマチン凝縮の各ステージ
図1.
アポトーシスの過程でのクロマチン凝縮の各ステージ

 

蛍光顕微鏡でクロマチン凝縮を観察
図2.
蛍光顕微鏡でクロマチン凝縮を観察した。HeLa 細胞を0.2% DMSOで処理(コントロール)、もしくは2 μM スタウロスポリンで処理し、5 μM Nuclear ID®Green 試薬で染色した。スタウロスポリンで処理した細胞では、アポトーシスの特徴である凝縮クロマチンを強く染色した。

 

環境毒性化合物に対するクロマチン凝縮のフローサイトメトリー分析
図3.
環境毒性化合物に対するクロマチン凝縮のフローサイトメトリー分析。Jutkat細胞に様々な化合物を加え16時間処理した。

Nuclear-ID® Green クロマチン凝縮検出キット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
NUCLEAR-ID(R) Green chromatin condensationdetection kit詳細データ ENZ ENZ-51021-K200 1 KIT
[200 assay]
¥55,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO