商品情報

研究用

フローサイトメトリーでセルサイクルを測定Nuclear-ID® Red 細胞周期解析キット/GFP-Certified®

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nuclear-ID® Red 細胞周期解析キットは、フローサイトメトリーにより細胞周期を測定するキットです。

使用目的

細胞周期解析でよく用いられる生細胞への染色試薬としてHoechst 33342がありますが、励起にUV光が必要です。しかし多くのフローサイトメーターには488nm、633nmレーザーのみ搭載されているのが現状です。いくつかの細胞透過性DNA色素ではこれら波長で励起すものもありますが、細胞固定、透過処理が必要になり、かなり手間と時間がかかってしまいます。固定細胞のDNA染色にPropidium Iodide が用いられますが、すべての二本鎖核酸を染色してしまうためRNase処理が必要です。
本試薬は面倒な透過処理、固定ステップがいらない、混ぜてインキュベートするだけの細胞周期解析用DNAインターカレーティング色素です。

特長

  • 迅速で経済的で、さまざまな染色アプリケーションに使いやすく、迅速かつ経済的
  • あらゆる細胞密度条件で性能検証済
  • GFPやFITCとの多重染色に適用可能

構成内容

  • Nuclear-ID® Red Cell Cycle 検出試薬
  • Nocodazole コントロール
  • アッセイバッファー

アプリケーション

  • 細胞周期や倍数解析
  • アポトーシス観察
  • 腫瘍増殖パターンおよびサプレッサー遺伝子機構の評価
  • ハイコンテンツスクリーニングのための細胞質セグメント化の変化観察

測定例

生細胞を薬剤(Etoposide、Aphidicolin またはNocodazole)で処理して各期における細胞周期進行を解析した。
図1.
生細胞を薬剤(Etoposide、Aphidicolin またはNocodazole)で処理して各期における細胞周期進行を解析した。

核(赤色)とミトコンドリア(GFP 発現;緑色)の3D イメージ。
図2.
核(赤色)とミトコンドリア(GFP 発現;緑色)の3D イメージ。核とミトコンドリアの空間での関係を示すこの3D イメージはstructured illumination method を用いて作成した。Carl Zeiss 社のApotome を使用している。

 

HeLa細胞 (細胞密集度〜60%) を、本試薬および競合他社色素で終濃度2.5μM、5.0μMで染色
図3.
HeLa細胞 (細胞密集度〜60%) を、本試薬および競合他社色素で終濃度2.5μM、5.0μMで染色した。dsDNA の視覚化に、競合他社試薬は5.0μMを必要とする一方、本試薬の必要量は2.5μMだった。

Nuclear-ID® Red 細胞周期判定 キット/GFP-Certified®

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
NUCLEAR-ID(R) Red cell cycle kit(GFP CERTIFIED(R))詳細データ ENZ ENZ-51008-100 1 KIT
¥62,000

Nuclear-ID® Green 細胞周期判定キット

緑色蛍光でフローサイトメトリーにより細胞周期を判定
検出波長:Nuclear-ID® (緑) Ex/Em:503 nm /531 nm

構成内容
● Nuclear-ID® Green Cell Cycle Detection Reagent
● Nocodazole Control
● 10X Assay Buffer

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
NUCLEAR-ID(R) Green cell cycle kit詳細データ ENZ ENZ-51014-100 1 KIT
¥60,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Nuclear-ID® Red 細胞周期解析キット/GFP-Certified®」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO