商品情報

記事ID : 33750
研究用

Fmoc基を持つアミノ基保護試薬Fmoc-Amox

このエントリーをはてなブックマークに追加

Fmoc-Amoxは、固相ペプチド合成法で一般的に使われている Fmoc保護試薬に代わる、副反応がない保護試薬です。

Fmoc-Amoxの構造式
図1. Fmoc-Amoxの構造式

背景

アミノ酸の Fmoc保護に使われる最も一般的な試薬はFmoc-OSuで、次にFmoc-Clが使われています。しかしながら、これらの試薬の使用には、β-アラニンやジペプチドの生成といった副反応が生じます。

Fmoc-Amoxは、一般的な Fmoc保護試薬に代わるものです。優秀なカップリング試薬である OxymaPureを参考に、OxymaPure活性化エステルと同じ反応機構を利用しています。

Fmoc-Amoxによる遊離アミノ酸Fmoc保護の一般的な反応機構
図2. Fmoc-Amoxによる遊離アミノ酸Fmoc保護の一般的な反応機構

特長

  • Cas No.: 1370440-28-0
  • 化学式:C18H13N3O4
  • 分子量:335,31 g/mol
参考文献

  1. Fmoc-Amox, A Suitable Reagent for the Introduction of Fmoc; A. Kumar, A. Sharma, E. Haimov, A. El-Faham, B. G. de la Torre and F. Albericio; Organic Process Research & Development 2017; 21: 1533-1541. doi:10.1021/acs.oprd.7b00199

Fmoc-Amox

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Fmoc-Amox詳細データ IRS RL-2790.0100 100 G
販売終了
Fmoc-Amox詳細データ IRS RL-2790.0500 500 G
販売終了
Fmoc-Amox詳細データ IRS RL-2790.1000 1 KG
販売終了

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO