商品情報

記事ID : 33895
研究用

ハイスループットアッセイに最適Human Immune Checkpoint Molecule Array 1

このエントリーをはてなブックマークに追加

10種類の B7-1 / CD80、B7-2 / CD86、B7-H1 / PD-L1、B7-CD2ファミリーのヒト免疫チェックポイント分子を検出する抗体アレイ商品です。Quantibody®アレイはELISAの高い検出感度と特異性と、アレイの高いスループットの利点を併せ持っています。複数のサイトカインの濃度を同時に正確に測定することができます。

背景

免疫チェックポイント分子は、TCR / MHCシグナリング後のT細胞機能において重要な役割を果たします。2つのB7 / CD28ファミリーチェックポイント分子(CTLA-4およびPD-1)の遮断は、様々な腫瘍に対するT細胞応答の増加において優れた有効性をすでに示しています。
近年では、抗CTLA-4モノクローナル抗体(ipilimumab 2011)や 2つの抗PD-1モノクローナル抗体(pembrolizumab 2014およびnivolumab 2014)が 米国FDAから承認を受けました。また、そのほかの免疫チェックポイント分子についても、がん免疫療法の新たな標的となると考えられています。

特長

  • 従来のELISAに比べ、高効率
  • 高い特異性と再現性
  • 多様なサンプルタイプに適合
  • アッセイ時間:6時間
  • ハイスループットアッセイに最適
  • Q Analyzerソフトウェア(別売り)使用時は計算がワンステップに!

構成内容

  • ヒト免疫チェックポイントアレイQ1スライド
  • サンプル希釈液
  • 洗浄バッファー1、2
  • スタンダードミックス(凍結乾燥)
  • ビオチン標識検出抗体カクテル
  • 蛍光標識ストレプトアビジン
  • スライドウォッシャー、ドライヤー
  • 接着フィルム

商品情報

抗原情報

Gene Symbol B7-1 (CD80), B7-2 (CD86), B7-H1 (PD-L1), B7-H2 (ICOS L), B7-H3 (CD276), CD28 (Tp44), CTLA-4 (CD152), ICOS (CD278), PD-1 (CD279), PD-L2 (B7-DC)

アッセイフォーマット

パスウェイ B7/CD28 family checkpoint molecules
検出ターゲット数 10
ヒト
対応するサンプルタイプ Serum, Plasma, Cell culture media, Other body fluid
原理 サンドイッチベース
検出方法 蛍光レーザースキャナ
定量/半定量 定量
固体サポート ガラススライド
使用サンプル量 50〜100 µL / アレイ

測定原理

原理

Human Immune Checkpoint Molecule Array 1

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Immune Checkpoint Molecule Array 1 (Quantibody(R)), Human詳細データ RBT QAH-ICM-1-1 1 KIT
[8 Sample Kit]
¥68,000
Immune Checkpoint Molecule Array 1 (Quantibody(R)), Human詳細データ RBT QAH-ICM-1-2 1 KIT
[22 Sample Kit]
¥123,000
Immune Checkpoint Molecule Array 1 (Quantibody(R)), Human詳細データ RBT QAH-ICM-1-4 1 KIT
[50 Sample Kit]
¥218,000

【関連商品】Q-Analyzer Software

Q-Analyzerは、アレイに特化したExcelベースのプログラムです。とても簡単な計算マクロで、洗練されたデータ分析を実行できます。

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Q-Analyzer Software for QAH-ICM-1詳細データ RBT QAH-ICM-1-SW 1 PC
[1 module]
販売終了

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Human Immune Checkpoint Molecule Array 1」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO