商品情報

記事ID : 33833
研究用

ヒト血清、血漿での終末糖化産物受容体の定量にヒトsRAGE ELISAキット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒト sRAGE (soluble receptor for advanced glycation end products)をサンドイッチ法で定量するELISAキットです。

背景

RAGE および sRAGE について

終末糖化産物受容体 (RAGE) は、細胞表面分子の免疫グロブリンスーパーファミリーに属するマルチリガンドレセプターです。 糖尿病患者の血漿や組織中に蓄積したタンパク質/脂質の非酵素的糖酸化産物となる終末糖化産物 (AGE)の相互作用を仲介します。また、RAGEは糖尿病合併症、血管疾患および炎症性疾患などに関与しています。

全長型 RAGE の他にもいくつかの欠損型アイソフォームの RAGE が発見されおり、N または C末端欠損のスプライスバリアントコード分子があります。 C末端欠損の RAGEスプライスバリアントは、膜貫通領域を欠損しており、細胞外へ分泌後、内在性分泌型 RAGE (esRAGE) として血液中を循環します。これにより、esRAGE はAGE と結合できるため、細胞表面の全長型 RAGE の活性化を予防するアンタゴニストとして働きます。 血清中では、マトリックスメタロプロテアーゼによるタンパク質切断によって産出する可溶型 RAGE と同様に、esRAGE が検出されることもあります。この潜在的なメカニズムはマウスにて発見されていますが、ヒトにも存在する可能性があると考えられています。可溶性 RAGE の中和効果の可能性があることから、様々な病態の患者の sRAGE 血清濃度の重要性が検証されており、sRAGE 量の減少は、不十分かつ/もしくは異常なヒトの炎症制御のバイオマーカーとなります。sRAGE の減少量は高リスクの冠状動脈疾患に関係しており、アルツハイマー病では血管性認知症患者の血清 sRAGE量は健常者よりも減少します。本態性高血圧患では、 血清中のsRAGE濃度は脈圧と反比例することがと示されています。一方で、末期腎不全や急性肺傷害患者の血清 sRAGE 量は増加することがわかっています。

特長

  • 測定範囲:50〜3200 pg/mL
  • 検出限界:19.2 pg/mL
  • アッセイ時間:3.5時間程度
  • 適用サンプル:血清、血漿(EDTA、クエン酸塩、ヘパリン処理)
  • 交差:ヒト
  • 非交差:ウシ、ネコ、イヌ、ヤギ、ハムスター、ウマ、サル、マウス、ブタ、ウサギ、ラット、ヒツジ
    ※ニワトリは未確認

構成内容

  • 抗体コート済み マイクロタイターストリップ 96ウェル
  • ビオチン標識抗体 (100×)
  • ストレプトアビジン-HRPコンジュゲート
  • スタンダード
  • Quality Control HIGH
  • Quality Control LOW
  • 希釈バッファー
  • ビオチン標識抗体 希釈液
  • 洗浄液 (10×)
  • 基質溶液
  • 停止液

使用例

ヒトsRAGE ELISAのスタンダードカーブ
図1. スタンダードカーブ

参考文献

  1. Brett J, Schmidt AM, Yan SD, Zou YS, Weidman E, Pinsky D, Nowygrod R, Neeper M, Przysiecki C, Shaw A, et al. Survey of the distribution of a newly characterized receptor for advanced glycation end products in tissues. Am J Pathol. 1993 Dec;143 (6):1699-712
  2. Emanuele E, D'Angelo A, Tomaino C, Binetti G, Ghidoni R, Politi P, Bernardi L, Maletta R, Bruni AC, Geroldi D. Circulating levels of soluble receptor for advanced glycation end products in Alzheimer disease and vascular dementia. Arch Neurol. 2005 Nov;62 (11):1734-6
  3. Falcone C, Emanuele E, D'Angelo A, Buzzi MP, Belvito C, Cuccia M, Geroldi D. Plasma levels of soluble receptor for advanced glycation end products and coronary artery disease in nondiabetic men. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2005 May;25 (5):1032-7
  4. Geroldi D, Falcone C, Emanuele E. Soluble receptor for advanced glycation end products: from disease marker to potential therapeutic target. Curr Med Chem. 2006;13 (17):1971-8
  5. Ghidoni R, Benussi L, Glionna M, Franzoni M, Geroldi D, Emanuele E, Binetti G. Decreased plasma levels of soluble receptor for advanced glycation end products in mild cognitive impairment. J Neural Transm. 2008 Jul;115 (7):1047-50
  6. Goh SY, Cooper ME. Clinical review: The role of advanced glycation end products in progression and complications of diabetes. J Clin Endocrinol Metab. 2008 Apr;93 (4):1143-52
  7. Goldin A, Beckman JA, Schmidt AM, Creager MA. Advanced glycation end products: sparking the development of diabetic vascular injury. Circulation. 2006 Aug 8;114 (6):597-605
  8. Gugliucci A. Glycation as the glucose link to diabetic complications. J Am Osteopath Assoc. 2000 Oct;100 (10):621-34
  9. Hudson BI, Harja E, Moser B, Schmidt AM. Soluble levels of receptor for advanced glycation endproducts (sRAGE) and coronary artery disease: the next C-reactive protein?. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2005 May;25 (5):879-82
  10. Kalousova M, Hodkova M, Kazderova M, Fialova J, Tesar V, Dusilova-Sulkova S, Zima T. Soluble receptor for advanced glycation end products in patients with decreased renal function. Am J Kidney Dis. 2006 Mar;47 (3):406-11
  11. Pullerits R, Bokarewa M, Dahlberg L, Tarkowski A. Decreased levels of soluble receptor for advanced glycation end products in patients with rheumatoid arthritis indicating deficient inflammatory control. Arthritis Res Ther. 2005;7 (4):R817-24
  12. Schmidt AM, Vianna M, Gerlach M, Brett J, Ryan J, Kao J, Esposito C, Hegarty H, Hurley W, Clauss M, et al. Isolation and characterization of two binding proteins for advanced glycosylation end products from bovine lung which are present on the endothelial cell surface. J Biol Chem. 1992 Jul 25;267 (21):14987-97

ヒトsRAGE ELISAキット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
sRAGE, ELISA kit, Human詳細データ BVL RD191116200R 96 WELL
[1 kit]
¥87,000

製品使用文献

  1. Asgeirsson T, Zhang S, Khoo SK, Resau JH, Dujovny N, Senagore AJ. Serum adiponectin, resistin, and circulating soluble receptor for advanced glycation end products in colectomy patients. Mediators Inflamm. 2011;2011:916807
  2. Davis KE, Prasad C, Vijayagopal P, Juma S, Imrhan V. Serum Soluble Receptor for Advanced Glycation End Products (sRAGE) Correlates Inversely with Measures of Adiposity in Young Adults. 24 April 2014;
  3. Kwon JH, Kim YH, Kwon JY, Park YW. Clinical significance of serum sRAGE and esRAGE in women with normal pregnancy and preeclampsia. J Perinat Med. 2011 Sep;39 (5):507-13
  4. Ng ZX, Kuppusamy UR, Iqbal T, Chua KH. Receptor for advanced glycation end-product (RAGE) gene polymorphism 2245G/A is associated with pro-inflammatory, oxidative-glycation markers and sRAGE in diabetic retinopathy. Gene. 2013 Jun 1;521 (2):227-33
  5. Rzepka R, Dolegowska B, Rajewska A, Kwiatkowski S, Salata D, Budkowska M, Domanski L, Mikolajek-Bedner W, Torbe A. Soluble and Endogenous Secretory Receptors for Advanced Glycation End Products in Threatened Preterm Labor and Preterm Premature Rupture of Fetal Membranes. Biomed Res Int. 2015;2015:568042

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「ヒトsRAGE ELISAキット」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO