商品情報

記事ID : 13785
研究用

HUNK(MAKV, MAK-V) Active KinaseHUNK 活性型キナーゼ

このエントリーをはてなブックマークに追加

« 「SignalChem社 活性型 キナーゼ」トップへ

HUNK(ホルモン性上方制御型Neu随伴キナーゼ)は分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼメンバーであり、乳房腫瘍転移に必須である。マウスにおいて、Hunk欠損は生存率、繁殖性、寿命、または腫瘍発生傾向に影響を及ぼさず、マウスの発生にも不要である。

HUNK キナーゼ・関連製品対応表

活性型キナーゼ ペプチド基質 タンパク質基質 抗体 阻害剤
品名 品番 品名 品番 品名 品番 品名 品番 品名 品番
HUNK, Active H08-10G MBP Protein M42-51N Apigenin K10-900C
K252A K10-900D
K252B K10-900E
Staurosporine K10-900

HUNK 活性型キナーゼ

HUNK(MAKV, MAK-V) Active Kinase

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
HUNK, Active, Human詳細データ SCP H08-10G 10 UG
¥145,000
HUNK, Active, Human詳細データ SCP H08-10G 5 UG
¥96,000

HUNK キナーゼ/種由来・タグ・発現系詳細

品番 品名 種由来 タグ 発現系 配列
H08-10G HUNK, Active Human GST (N-term) Sf9 Full length

タンパク質基質

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
MBP, Porcine詳細データ SCP M42-51N 1 MG
¥11,000

阻害剤

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Apigenin詳細データ SCP K10-900C 50 MG
¥33,000
K252A詳細データ SCP K10-900D 1 MG
¥113,000
K252B詳細データ SCP K10-900E 1 MG
¥113,000
Staurosporine詳細データ SCP K10-900 1 MG
¥101,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO