商品情報

記事ID : 16705
研究用

より使い易くなり、簡単な操作で定量できます L-グルタミン酸測定キット「ヤマサ」NEO

このエントリーをはてなブックマークに追加

本製品は、L-グルタミン酸特異的に作用する酵素 L-グルタミン酸オキシダーゼ(EC1.4.3.11)を用いて、L-グルタミン酸を測定するキットです。 従来製品である「ヤマサ L-グルタミン酸測定キットII」を、より使いやすく改良したものです。一方で、測定値に変動はなく、従来製品に引き続いてご使用いただけます。

【関連商品】

背景

L-グルタミン酸は、「うま味」成分の一つして知られており、ナトリウム塩であるL-グルタミン酸ナトリウムは「うま味調味料」の主成分として用いられています。また、動物の体内でグルタミン酸受容体を介しての神経伝達を行う興奮性の神経伝達物質としても機能しています。そのため、L-グルタミン酸を検出・定量することは食品や生化学の分野において重要視されています。

L-グルタミン酸の測定には、アミノ酸分析機やグルタミン酸脱水素酵素、脱炭酸酵素を用いた方法などがありますが、どれも正確性や再現性に欠けたり、手間が複雑であったり高価であるなどの諸問題が指摘されています。

ヤマサ醤油では、1983年醤油研究の過程で Streptomyces の一種がL-グルタミン酸特異的に作用する酵素L-グルタミン酸オキシダーゼを産生することを見いだし1)、製品化に成功しました。さらに本酵素を用いて、L-グルタミン酸を簡単に測定できる方法を開発しました(測定原理参照)2)3)。この方法を基に、簡便にL-グルタミン酸を測定できる試薬として製品化したのがヤマサL-グルタミン酸測定キット4)で、2008年からは改良を加えたヤマサL-グルタミン酸測定キットIIを販売してまいりました。

本品は、ヤマサL-グルタミン酸測定キットIIをさらに改良したものです。測定に必要な試薬はすぐに使える状態で添付されており(構成内容参照)、より使い易くなり、簡単な操作でL-グルタミン酸を定量できます(測定方法参照)。

ヤマサ L-グルタミン酸測定キットII からの改良点についてはキットの特長をご覧下さい。

特長

特長

本製品は従来製品(ヤマサ L-グルタミン酸測定キットII)と比較して、下記特徴をもってL-グルタミン酸を測定できます。

  • 本製品は、構成試薬がすべて溶液状態で添付されており、すぐに使うことができます。
  • 従来製品の酵素試薬は使用直前に添付緩衝液で溶解し、溶解後の安定性は1ヶ月間でしたが、本製品の両酵素試薬液は製品外箱ラベルに記載されている使用期限まで使用できます。
  • 必要な試料はわずか 0.01mL と、より少量の試料での測定が可能となりました。
  • 測定範囲が 10〜1500mg/L に広がりました。
  • 従来製品ではアスコルビン酸が共存する試料の場合、前処理が必要でしたが、本製品では 1000mg/L 共存しても測定に影響はなく、前処理は必要ありません。
  • 測定可能検体数、貯蔵方法、使用期限は従来製品から変更はありません。また、測定値も従来製品と相違はありません。

 

製品比較表

本製品と従来製品との比較を下記に示します。

比較項目 L-グルタミン酸測定キット「ヤマサ」NEO ヤマサ L-グルタミン酸測定キットII
構成内容
  • R1酵素試薬液
    30mL 1バイアル
  • R2酵素試薬液
    30mL 1バイアル
  • L-グルタミン酸標準液(250mg/L)
    0.5mL 1バイアル
  • 50mMグッド緩衝液(pH7.1)
    60mL 1バイアル
  • 酵素試薬(凍結乾燥)
    1バイアル
  • L-グルタミン酸標準液(100mg/L)
    1.5mL 1バイアル
試料量 0.01mL 0.06mL
測定範囲 10〜1500mg/L 10〜500mg/L
アスコルビン酸
共存試料
前処理不要
(1000mg/L まで共存しても影響なし)
処理必要
(100mg/L 共存で測定値約 30% 低下)
テスト数 66テスト
貯蔵方法 2〜8℃
有効期間 製造日より12ヶ月

 

測定値の比較

各種試料を、本製品と従来製品で測定した結果を下記に示します。本製品での測定値は従来製品に対して 94〜106% を示しました。

試料 L-グルタミン酸濃度(mg/L) 本製品/従来品
本製品 従来品
Grace培地(10%FBS) 700 747 94%
トマト汁 2032 2072 98%
醤油 10701 10850 99%
市販だし溶解液 22327 22673 98%
ソーセージ液 200 189 106%

(注意)

  • 試料は、固形物からの抽出や不溶物の除去などを行い、適宜希釈の上測定しております。
  • 表示の濃度は、測定値と希釈率から算出しております、
  • 上記濃度はあくまで弊社での検討結果であり、一般的なL-グルタミン酸濃度を示すものではありません。

 

アスコルビン酸の影響

L-グルタミン酸溶液に、アスコルビン酸を 0、100、1000mg/L の濃度になるよう加えたものを試料とし、本製品および従来品で測定を行いました。本製品ではアスコルビン酸が 1000mg/L 共存している場合でもほとんど影響は見られませんでした。

アスコルビン酸の影響

構成内容

  • R1酵素試薬液 30mL 1バイアル
  • R2酵素試薬液 30mL 1バイアル
  • L-グルタミン酸標準液(250mg/L) 0.5mL 1バイアル

*1キットで約66試料が測定できます(同時に測定する標準液、精製水、試料色も含む)。

測定原理

試料にR1酵素試薬液を添加すると、アスコルビン酸オキシダーゼの作用で試料に含まれるアスコルビン酸(ビタミンC)が除かれます。続いてR2酵素試薬液を添加すると、 L-グルタミン酸はL-グルタミン酸オキシダーゼの作用で酸化され、過酸化水素を生成します(1)。生成された過酸化水素からペルオキシダーゼの作用によるTOOSと4-アミノアンチピリンとの酸化縮合反応で紫色色素が生成されます(2)。この紫色の吸光度(555nm)から試料中のL-グルタミン酸濃度を定量します。

  1. L-グルタミン酸オキシダーゼの酸化反応
    L-グルタミン酸 + H2O + O2 → α-ケトグルタル酸 + NH+ H2O2
  2. ペルオキシダーゼによる紫色色素形成
    H2O+ TOOS + 4-AA → 紫色色素(555nm)

測定方法

  1. 試料、標準液、精製水を各試験管に 10μL 分注します。
  2. R1酵素試薬液を各試験管に 450μL 分注して混和します。
  3. 20℃〜30℃で20分間静置します。
    なお、アスコルビン酸除去操作が不要な試料の場合は、(3)を省略して(4)へ進んでください。
  4. R2酵素試薬液を各試験管に 450μL 分注して混和します。
    濃色の試料の測定では、試料の色が吸光度に影響する場合があるため、 試料色検体として試料 10μL と精製水 900μL を加えた試験管を準備してください。
  5. 20℃〜30℃で20分間静置後、精製水を対照にして 555nm の吸光度を測定します。
  試料用
試験管
標準液用
試験管
精製水用
試験管
試料色用
試験管
試料 10μL 10μL
標準液 10μL
精製水 10μL 900μL
R1酵素試薬液 450μL 450μL 450μL
R2酵素試薬液 450μL 450μL 450μL
吸光度 A S R B

[濃度算出方法]

試料中のL-グルタミン酸の濃度は下記の計算式にて算出します。

L-グルタミン酸(mg/L)=(A-B-R)÷(S-R)×250×希釈倍率

使用例

  • 食品の「うま味」成分分析に
    納豆、トマト、だし汁、醤油などに含まれるL-グルタミン酸量について本製品を用いて解析した事例が報告されています。
  • グルタミナーゼやペプチダーゼの活性測定に
    グルタミンをグルタミン酸に変換するグルタミナーゼやペプチドをアミノ酸に分解するペプチダーゼは、産生されたL-グルタミン酸を測定することで、酵素の活性を測定することができます5)

※注意
上記使用例は、L-グルタミン酸オキシダーゼを用いた独自の測定法、あるいは従来品を用いた検討です。

参考文献
  1. H.Kusakabe et al.: Agric. Biol. Chem., 47(6);1323,1983
  2. 山内 寛 他 : 日本醤油研究所雑誌、13(1);8,1987
  3. H.Kusakabe et al.: Agric. Biol. Chem., 48(1);181,1984
  4. 丸茂 剛 他: 日本醤油研究所雑誌、15(6);239,1989
  5. H.Kusakabe et al.: Agric. Biol. Chem., 48(5);1357,1984

L-グルタミン酸測定キット「ヤマサ」NEO

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
L-グルタミン酸測定キット「ヤマサ」NEO
L-Glutamate Assay Kit YAMASA NEO詳細データ
YMS 80128 1 KIT
[66 TESTS]
¥43,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


© COSMO BIO