商品情報

記事ID : 35624
研究用

PureHoney Technologies社 質量分析法を用いて広範囲のターゲットを直接定量するハイスループットスクリーニングサービス質量分析法を用いたラベルフリースクリーニングサービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

PureHoney Technologies社では、質量分析法を利用した、ラベルフリー(非標識)の検出技術によるハイスループットスクリーニングサービスを提供しています。脂質、ステロイド、プロスタグランジン等、広範囲のターゲットを直接定量的に調べることで、様々な研究領域の解析が難しいとされるターゲットをハイスループットでスクリーニングが可能となりました。

特長

  • 定量困難なターゲットも試験済:脂質、脂肪酸、ステロイド等
  • ハイスループット:各サンプル当たり、最小5秒以内でサンプルの分析が可能
  • 正確な定量性:基質とターゲットの直接定量
  • ネイティブな基質反応:放射活性、代替基質、抗体を用いた技術は使用しません。
  • 迅速:リード化合物同定の時間を短縮

MRM測定結果
図1. 96穴プレートの分析を12分以下で実施(〜7秒/サンプル)。
同位体内部標準(上図)と反応産物(下図)に対する2種のMRM測定結果を示す。8種の化合物に対する10点IC曲線と高/低のコントロールを示した。

アプリケーション

質量分析法を用いたラベルフリースクリーニングサービス

  • 酵素的および動態学的パラメータ決定:Km値と線形動態領域の決定
  • HTSアッセイ構築:Z‘値、試薬とアッセイの安定性、およびランクオーダー用化合物の決定
  • 一次スクリーニング:試験化合物を単集合または圧縮形式において、ウェルごとに5-8秒間でスクリーニング
  • 二次スクリーニングとSAR:再検査とIC50決定を介してSARプログラムをサポート
  • ヒットからリードへの特徴付け:Ki 値と阻害機序を決定

ペプチド基質から修飾除去した経時的結果
図2. 酵素駆動によりペプチド基質から修飾除去した経時的結果。
三重修飾した基質と3種の可能性のある産物を同時に数量化した。

創薬に関するご相談 フォームでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「質量分析法を用いたラベルフリースクリーニングサービス」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO