商品情報

LAL Chromogenic Endpoint Assay は、エンドトキシンを特異的に検出・測定する高感度なキットです。
様々な生体液(血清など)、装置、エアフィルター、組織培養培地などに含まれる細菌内毒素を、in vitro で定量することができます。

背景

リポ多糖(LPS)のようなエンドトキシンは、グラム陰性菌の副産物で、一般的にパイロジェン(発熱物質)として知られています。本商品は、アメリカカブトガニ(Limulus polyphemus)が細菌に感染すると血管内凝固を引き起こすことを利用した試験です。カブトガニの変形細胞(アメーバ様細胞)または血球に凝固の原因となる物質が含まれており、パイロジェン(細菌内毒素)の刺激により濁度の増大やゲル形成反応が起こります。このような機序により、エンドトキシンは、酵素反応によりカブトガニ血球抽出成分(LAL)のゲル化を引き起こします。LAL エンドポイントアッセイは、簡単でコストを抑えることができ、様々な生物製剤(血清など)、装置、エアフィルター、組織培養培地などに、有害なレベルのエンドトキシンが含まれているかどうかを試験することができます。

特長

  • 30-40 分で測定
  • 検出限界: 0.04 EU/mL
  • 測定範囲: 0.04 - 10 EU/mL
  • 測定に必要な量: 50 µL/ウェル

構成内容

  • スタンダード
  • LAL試薬
  • エンドトキシンフリー水(EFW)
  • 停止液
  • 12 マイクロタイターストリップ

プロトコール

プロトコール

LAL エンドポイントアッセイ(比色法)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
LAL Chromogenic Endpoint assay For Endotoxin Detection詳細データ HCB HIT302 3*96 WELL
¥175,000

製品使用文献

  1. Whalen KA et al., In vitro allergen challenge of peripheral blood induces differential gene expression in mononuclear cells of asthmatic patients: inhibition of cytosolic phospholipase A2α overcomes the asthma‐associated response. Clin Exp Allergy. 2008 [DOI]10.1111/j.1365-2222.2008.03059.x, 2018 Impact Factor: 4.741
  2. Chandler D et al., Effects of plant‐derived polyphenols on TNF‐α and nitric oxide production induced by advanced glycation endproducts. Mol Nutr Food Res. 2010 [DOI]10.1002/mnfr.200900504, 2018 Impact Factor: 4.909
  3. Fichter M et al., Polymeric hepatitis C virus non-structural protein 5A nanocapsules induce intrahepatic antigen-specific immune responses. Biomaterials. 2016 [DOI]10.1016/j.biomaterials.2016.08.046, 2018 Impact Factor: 10.273
  4. Marzocco S et al., Supplementation of Short-Chain Fatty Acid, Sodium Propionate, in Patients on Maintenance Hemodialysis: Beneficial Effects on Inflammatory Parameters and Gut-Derived Uremic Toxins, A Pilot Study (PLAN Study). J Clin Med. 2018 [DOI]10.3390/jcm7100315, 2018 Impact Factor: 5.688
  5. Lu R et al., Imbalance of autophagy and apoptosis in intestinal epithelium lacking the vitamin D receptor. FASEB J. 2019 Jul [DOI]10.1096/fj.201900727R, 2018 Impact Factor: 5.391
  6. Ponziani FR et al., Influence of hepatitis C virus eradication with direct-acting antivirals on the gut microbiota in patients with cirrhosis. Aliment Pharmacol Ther. 2018 Dec [DOI]10.1111/apt.150041, 2018 Impact Factor: 7.357
  7. Andersen K et al., Intestinal Dysbiosis, Barrier Dysfunction, and Bacterial Translocation Account for CKD-Related Systemic Inflammation. J Am Soc Nephrol. 2017 Jan [DOI]10.1681/ASN.2015111285, 2018 Impact Factor: 8.98
  8. Hicks JM et al., Real-time bacterial detection with an intracellular ROS sensing platform. Biosens Bioelectron. 2019 Sep [DOI]10.1016/j.bios.2019.111430, 2018 Impact Factor: 9.518
Hycult Biotech(ハイカルト)社 製品のご紹介

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO