商品情報

記事ID : 42384
研究用

糖鎖解析商品を紹介しています Ludger(ルージャー)社 の製品を使用した文献

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品使用文献リスト

Leiva MJ, Parra NC, Contreras MA, KCS Tavares, Macaya L, Martins L, Gaudencio S, Hidalgo A, Kozak RP, Gonzalez A, Sanchez O, Toledo JR, Montesino R
Journal of Biotechnology. 10 Sept 2021.
doi: 10.1016/j.jbiotec.2021.06.025 -- PMID: 34224759

LUD_LCPBM96_05.jpg

Ludgerとチリのコンセプシオン大学との共同研究が成功し、Journal of Biotechnologyに "Expression and characterization of a novel single-chain anti-vascular endothelial growth factor antibody in the goat milk "という論文が掲載されました。

血管内皮増殖因子 (VEGF) は、血管新生、内皮細胞の増殖、移動、および腫瘍の浸潤に不可欠な機能を有しています。がんの特徴とされる血管新生を抑制するために、様々なアプローチが開発されています。抗VEGFモノクローナル抗体は、がん免疫療法の重要な戦略であることからいくつかのプラットフォームで製造されています。

本研究では、ヤギの乳腺にアデノウイルスを導入し、一本鎖の抗VEGFモノクローナル抗体(scVEGFmAb)を作製しました。ヤギのIgGとscVEGFmAbからN-グリカンを遊離させ、UHPLC、LC-ESI-MS、エキソグリコシダーゼ消化等の手法を用いて分析したところ、その構造と相対的な存在量に関する詳細な情報が得られました。scVEGFmAbに結合しているN-グリカンは、主にフコシル化されたコア2分岐糖鎖から成り、荷電構造はNeu5AcおよびNeu5Gcでキャップされていました。これらの結果は、腫瘍の血管新生を抑制する可能性のある抗VEGF治療用抗体を、非トランスジェニックヤギの乳から製造することが可能であることを初めて示しました。

本研究におけるLudger社の貢献は以下の通りです。

  • N-グリカン分析のための研究デザインと戦略への協力
  • ヤギのIgGおよび一本鎖抗VEGFモノクローナル抗体(scVEGFmAb)からのN-グリカンの放出
  • UHPLC、LC-ESI-MS、エキソグリコシダーゼ消化などの技術を用いたN-およびO-グリカンのプロファイリングとキャラクタリゼーション
  • 研究で同定された糖鎖の構造と命名法のサポート

【こちらの論文で使用された商品】

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
PNGase F (Peptide N Glycosidase F) LUD E-PNG01 0.3 UNIT
[60 μl]
¥106,000
LudgerClean Protein Binding Membrane Plate詳細データ LUD LC-PBM-96 96 WELL
[1 x 96-well plate]
¥56,000
Procainamide Glycan Labeling Kit, 2PB reductant詳細データ LUD LT-KPROC-VP24 1 KIT
[24サンプル]
¥163,000
LudgerClean Plate for Procainamide Glycan Clean Up詳細データ LUD LC-PROC-96 96 WELL
¥51,000
Glucose Homopolymer Ladder, Procainamide Labeled LUD CPROC-GHP-30 30 RXN
[30 runs]
¥49,000
Sialidase Au Alpha-(2-3,6,8,9)詳細データ LUD E-S001 0.3 UNIT
[60 μl]
¥106,000
Beta-(1-4)-galactosidase詳細データ LUD E-BG07 180 MILL.U
[60 μl]
¥106,000
Beta-N-acetylglucosaminidase詳細データ LUD E-GL01 2.4 UNIT
[60 μl]
¥106,000
pagetop

Kotsias M, Madunić K, Nicolardi S, Kozak RP, Gardner RA, Jansen BC, Spencer DIR, Wuhrer M
Glycoconjugate Journal. 20 July 2021.
doi: 10.1007/s10719-021-10003-1 -- PMID: 34283362

LUD_LCPBM96_06.jpg

Horizon 2020 GlyCoCan助成金の一環として行われたLudger社とライデン大学メディカルセンターとの共同研究が成功し、Glycoconjugate Journalに文献が掲載されました。

タンパク質のO-グリコシル化の変化は癌の発生と進行に関与していることから、重要視されています。しかし、大量のサンプルのO-グリコシル化解析は困難な場合が多いです。

本研究では、ヒト大腸がん細胞株およびヒト膵臓がん細胞株から得られたO-グリカンを用いて、半自動化されたハイスループットな還元的β-エリミネーションによるO-グリカンの放出、回収、分析の最適化と評価を行っています。

より高い分解能と質量精度を持つ超高分解能MALDI-FT-ICR MSを使用し、MassyToolsを用いた自動データ統合・処理を行うことで、単一の単糖から大きなオリゴ糖まで、合計126種類のO-グリカン組成を検出することができました。

このハイスループットアプローチは、患者サンプルコホートのような大量の生物学的サンプルのO-グリコシル化解析に使用することができ、O-グリカンの同定と定量のための正確で信頼性の高い再現性のあるデータを得ることができます。

【こちらの論文で使用された商品】

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Permethylation kit without methyl iodide詳細データ LUD LT-PERMET-VP96 96 TEST
¥202,000
LudgerClean CEX cartridges詳細データ LUD LC-CEX-A6 6 EACH
[6_カートリッジ入り]
¥60,000
pagetop

Demus D, Jansen BC, Gardner RA, Urbanowicz PA, Wu H, Štambuk T, Juszczak A, Medvidović EP, Juge N, Gornik O, Owen KR, Spencer D
Glycoconjugate Journal. 25 March 2021.
doi: 10.1007/s10719-021-09992-w -- PMID: 33765222

LUD_LCPBM96_03.jpg

Ludgerは、Quadram Institute Bioscience (QIB)、Oxford Centre for Diabetes, Endocrinology and Metabolism (OCDEM)、オックスフォード大学、ザグレブ大学、Genos Ltd (クロアチア)との共同研究が成功し、Glycoconjugate Journalに論文が掲載されました。

この論文は、EUのHorizon 2020プロジェクトGlySign(www.glysign.eu)の資金提供を受け、液体クロマトグラフィー(LC)法を用いて、最も一般的な単一遺伝子の機能障害が原因の糖尿病HNF1A-Maturity Onset Diabetes of the Young (MODY) の糖鎖バイオマーカーを研究室間で評価した結果を示しています。

この研究では、新規のα-1,3/4結合特異的フコシダーゼ酵素(QIB社が開発)を用い、UKとクロアチアの320の臨床サンプルの血漿タンパク質中のN-グリカンのアンテナ状のフコシル化レベルを測定しました。
この方法では、HNF1A遺伝子に病原性の変異がある症例と、良性の変異や意義不明の変異がある症例とを識別することができ、患者を層別化することができました。

本研究は、この糖鎖バイオマーカーを臨床に応用するための新たな知見を提供するとともに、MODYにおけるアンテナのフコシル化レベルを測定するための、より簡便でハイスループットなアッセイの開発を支援するものです。

【こちらの論文で使用された商品】

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Procainamide Glycan Labeling Kit, sodium cyanoborohydride reductant LUD LT-KPROC-96 1 KIT
[96サンプル]
¥349,000
Collection Plate Pack LUD LP-COLLPLATE-2ML-96 1 PACK
[5 per pack]
¥77,000
LudgerSep N Buffer x40 Concentrate LUD LS-N-BUFFX40 50 ML
¥50,000
pagetop

Kozak RP, Mondragon-Shem K, Williams C, Rose C, Perally S, Caljon G, Van Den Abbeele J, Wongtrakul-Kish K, Gardner RA, Spencer D, Lehane MJ, Acosta-Serrano A
PLOS Neglected Tropical Diseases. 2 February 2021.
doi: 10.1371/journal.pntd.0009071 -- PMID: 33529215

LUD_LCPBM96_01.jpg
Photo credit: Oregon State University© 2011

Ludger社とLiverpool School of Tropical Medicineとの共同研究が成功し、PLOS Neglected Tropical Diseasesに論文が掲載されました。

アフリカ睡眠病は、ツェツェバエに噛まれることで感染する寄生虫Trypanosoma bruceiによって引き起こされます。これまでの研究では、唾液中のタンパク質に注目が集まっていましたが、そのタンパク質を修飾する糖鎖については未解明でした。昆虫の唾液中の糖鎖は、唾液が宿主の認識に影響を与え、病原体の感染に関与している可能性があります。本研究はツェツェバエGlossina morsitansの唾液中の糖鎖について、その構造と相対的な存在量に関する詳細な情報を提供する初めての研究です。ツェツェバエのタンパク質は主に短いマンノース修飾を持つ単純なN型糖鎖で修飾されており、哺乳類のC型レクチン(マンノース受容体とDC-SIGN)によって認識されることを示しています。これらの情報は、糖タンパク質が、寄生虫による感染の成功に果たす役割についての知見を提供しています。

本研究におけるLudger社の貢献は以下の通りです。

  • 研究デザインと戦略への協力
  • ツェツェバエの唾液からのN-およびO-グリカンの放出
  • UHPLC、LC-ESI-MS、エキソグリコシダーゼ消化などの技術を用いたN-およびO-グリカンのプロファイリングとキャラクタリゼーション
  • 研究で同定された糖鎖の構造と命名法のサポート

【こちらの論文で使用された商品】

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
LudgerClean Protein Binding Membrane Plate詳細データ LUD LC-PBM-96 96 WELL
[1 x 96-well plate]
¥56,000
Ludger Liberate Hydrazinolysis Kit詳細データ LUD LL-HYDRAZ-A2 2 SET
[6 samples/set]
¥355,000
2-AB Glycan Labeling Kit, 2PB reductant詳細データ LUD LT-KAB-VP24 2 RXN
[12サンプル/RXN]
¥121,000
2-AB Glycan Labeling Kit, 2PB reductant詳細データ LUD LT-KAB-VP96 96 TEST
¥282,000
Procainamide Glycan Labeling Kit, 2PB reductant詳細データ LUD LT-KPROC-VP24 1 KIT
[24サンプル]
¥163,000
LudgerClean T1 Cartridges*詳細データ LUD LC-T1-A6 6 EACH
[6_カートリッジ入り]
¥55,000
LudgerClean S Cartridges詳細データ LUD LC-S-A6 6 EACH
[6_カートリッジ入り]
¥55,000
LudgerClean 96-well Post-Exoglycosidase Clean-up Plate LUD LC-EXO-96 96 WELL
[1 x 96-well plate]
¥61,000
2-AB Labeled Glucose Homopolymer Ladder, 2-Aminobenzamide詳細データ LUD CAB-GHP-30 30 RXN
[30 runs]
¥52,000
pagetop

Crouch LI, Liberato MV, Urbanowicz PA, Basle A, Lamb CA, Stewart CJ, Cooke K, Doona M, Needham S, Brady RR, Berrington JE, Madunic K, Wuhrer M, Chater P, Pearson JP, Glowacki R, Martens EC, Zhang F, Linhardt RJ, Spencer DIR, Bolam DN
Nature Communications. 11 August 2020.
doi: 10.1038/s41467-020-17847-5 -- PMID: 32782292

LUD_LCPBM96_02.jpg

ヒトの腸内細菌叢の役割と、その腸壁との相互作用、特に腸壁を覆うタンパク質を覆う糖鎖の役割は非常に複雑であり、十分に解明されていません。 腸内細菌叢の代謝メカニズムをより深く理解することは、人間とその消化器系に影響を及ぼす多くの疾患に対する理解を深め、治療介入の可能性を高めることにつながると考えられます。 ニューカッスル大学が主導したこの論文は、Ludger社が中心となって、Glycoenzymes for Bioindustryコンソーシアムの共同研究者とライデン大学メディカルカレッジの共同研究者を結びつけることで実現しました。 この論文では、腸内細菌がO-グリカナーゼを発現しており、それらがムチンの分解に関与している可能性について述べられています。さらにこれらの酵素を、多くの腸疾患におけるO-グリカン構造の変化を探るツールとして応用利用できる可能性に関しても触れられています。

【こちらの論文で使用された商品】

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Procainamide Glycan Labeling Kit, sodium cyanoborohydride reductant詳細データ LUD LT-KPROC-24 1 KIT
[24サンプル]
¥163,000
Procainamide Glycan Labeling Kit, sodium cyanoborohydride reductant LUD LT-KPROC-96 1 KIT
[96サンプル]
¥349,000
LudgerClean S Cartridges詳細データ LUD LC-S-A6 6 EACH
[6_カートリッジ入り]
¥55,000
pagetop

Mondragon-Shem K, Wongtrakul-Kish K, Kozak RP, Yan S, Wilson IBH, Paschinger K, Rogers ME, Spencer DIR, Acosta-Serrano A.
Scientific Reports. 31 July 2020.
doi:10.1038/s41598-020-69753-x

LUD_LCPBM96_04.jpg

Ludgerとリバプール熱帯医学校との共同研究が成功し、Scientific Reportsに論文が掲載されました。Ludgerの貢献は以下の通りです。

  • 研究デザインと戦略の支援
  • sand fly (サシチョウバエ, Lu. longipalpis) 唾液からのN-およびO-グリカンの放出
  • UHPLC、LC-ESI-MS、exoglycosidase分解を用いたN-およびO-グリカンのプロファイリングと特性評価
  • 研究で同定された糖鎖の構造と命名法のサポート

本研究は、サシチョウバエ唾液中のN-結合型糖鎖に関する初めての研究であり、その構造と相対的な存在量に関する詳細な情報を提供するものです。
さらに、唾液中の糖鎖に存在する144Daの未知の修飾の発見が報告されています。本研究は、これらの構造がどのようにして脊椎動物の宿主細胞に認識されるのかについて、新たな知見を与えるものです。

【こちらの論文で使用された商品】

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
LudgerClean Protein Binding Membrane Plate詳細データ LUD LC-PBM-96 96 WELL
[1 x 96-well plate]
¥56,000
Procainamide Glycan Labeling Kit, 2PB reductant詳細データ LUD LT-KPROC-VP24 1 KIT
[24サンプル]
¥163,000
LudgerClean S Cartridges詳細データ LUD LC-S-A6 6 EACH
[6_カートリッジ入り]
¥55,000
pagetop

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO