商品情報

記事ID : 14157
研究用

細胞増殖/生存率/毒性、細菌、β-Gal を発光法で高感度測定 特集:発光アッセイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

RubyGlow™ 細胞ベース発光アッセイキットをご紹介します。
細胞増殖/生存率/毒性アッセイ、細菌検出アッセイ、β-Gal 測定アッセイキットを取り揃えています。

背景

ATP測定 と発光アッセイシステム

生細胞数や細胞増殖の迅速かつ正確な測定は、多くの研究者から必要とされています。従来法として、膜の完全性を介した細胞生存率の評価法(例えば、トリパンブルーの排除)や細胞分裂中に新たに合成されたDNAへの標識ヌクレオチド(例えば、[3H]-チミジン)の取り込みを介した細胞増殖の評価法があります。また、その代替技術として、代謝活性細胞におけるATP生成に基づいて細胞増殖を定量するための技術があり、既存研究では細胞あたりの細胞内ATPレベルは高度に調節され、細胞集団で基本的に一定に保たれていることが示されています。細胞は、ATPの産生やターンオーバーの比率を増大させることによって、ATPの需要の増加に対応します。したがって、ATPレベルの増加は、細胞増殖やウェルあたりの生存細胞の数の増加を反映します。さらに、コントロール実験を行うと、 ATPの測定値が従来のトリチウム化チミジン([3H]-チミジン)取り込み法とよく相関していることが示されています。傷つけられた細胞の細胞内 ATP 量は急速に減少するため、薬剤処理した細胞中のATPを測定することで、薬物処理による細胞生存率だけでなく細胞毒性も評価することができます。

ATP測定のための最も成功を収めた技術としてルシフェリン-ルシフェラーゼ生物発光アッセイがあり、ルシフェラーゼ酵素の使用は、発光アッセイにおける高い利便性、感度および直線範囲から、非常に有用なマーカー遺伝子となっています。ルシフェラーゼ-ルシフェリンの発光反応は、以下のとおりです。反応式に示したように、サンプルや反応系中の正確なATP量を反映するには、発光量を測定します。

ルシフェラーゼ + ATP + ルシフェリン + O2 → オキシルシフェリン(Oxyluciferin) + AMP + PPi + CO2 + Light

 

発光アッセイキット │ RubyGlow™ シリーズ

MGT_RubyGlow_3.gif
MGT_RubyGlow_4.gif
MGT_RubyGlow_5.gif
MGT_RubyGlow_6.gif

 

Marker Gene Technologies(MGT)社では、遺伝子工学的手法により長波長の発光(Em 619 nm)を生成する新規ルシフェラーゼを開発しました。このルシフェラーゼは、多くの発光アッセイで用いられるネイティブホタルルシフェラーゼに比べて熱安定性が向上しています。発光は、数時間にわたって安定なため、基質のインジェクションの必要がなくなります。RubyGlow™ 発光アッセイキットシリーズは、マイクロタイタープレートフォーマットに適合するため、ハイスループットアプリケーションにご使用頂けます。

RubyGlow™ 細胞増殖・生存率・毒性アッセイ

RubyGlow™ 発光アッセイキット(細胞増殖・生存率・毒性アッセイ)は、代謝的に活性な細胞のATP生成に基づき細胞増殖を測定します。ホタル類似体の緑色発光(Em 562 nm)を使用する従来のルシフェラーゼキットとは異なり、赤色発光(Em 619 nm)を使用します。

:詳細情報はこちら

RubyGlow™ 発光アッセイキット(細胞増殖・生存率・毒性アッセイ)
 

■ 構成内容

各キットには、96 ウェルマイクロプレートフォーマットで100反応分の試薬が含まれます。

  • RubyGlow™ ルシフェラーゼ 酵素(凍結乾燥): 1 x 0.5 mg
  • ルシフェリン 基質試薬(粉末): 1 x 1.4 mg
  • ドキソルビシン (10mM): 1 x 50 uL
    (Control Cytotoxic Reagent: Doxorubicin, 10mM in DMSO)
  • 反応バッファー: 1 x 6 mL
  • 細胞溶解バッファー: 1 x 7 mL

■ その他必要な機器・器材

  • ルミノメーターまたはプレートリーダー(with luminescence detector) 
  • 96-ウェル黒壁アッセイプレート(Corning #3792 round-bottom or #3915 flat bottom)
  • マルチチャンネルピペット

RubyGlow™ Glo-Gal™ β-ガラクトシダーゼ アッセイ

RubyGlow™ Glo-Gal™ β-ガラクトシダーゼ発光アッセイは、β-Gal アッセイとルシフェラーゼ酵素を組み合わせた、迅速・簡便、高感度なβ-ガラクトシダーゼ測定キットです。低発現レベルの lacZ 活性も高感度に測定可能です。

:詳細情報はこちら

RubyGlow™ Glo-Gal™ β-ガラクトシダーゼ発光アッセイ
 

■ 構成内容

β-ガラクトシダーゼ検出キットには、200 アッセイ分(2×96ウェルマイクロタイタープレート)の試薬が含まれています。

  • 細胞 ライシスバッファー: 2 x 10ml
  • 反応バッファー: 2 x 10ml
  • Glo-Gal™ 基質: 2 x 15mg
  • RubyGlow™ Red ルシフェラーゼ: 2 x 0.5mg

RubyGlow™ 細菌・バクテリア検出アッセイ

RubyGlow™ 発光細菌検出アッセイキットは、代謝的に活性な細胞のATP生成に基づき細菌細胞・微生物量を高感度に測定します。ホタル類似体の緑色光(Em 562 nm)を使用している他社ルシフェラーゼキットとは異なり、赤色光(Em 619 nm)を使用します。

:詳細情報はこちら

RubyGlow™ 発光アッセイキット(細胞増殖・生存率・毒性アッセイ)
 

■ 構成内容

細菌・バクテリア検出キットには、96ウェルプレートで、100 反応分の試薬が含まれています。

  • RubyGlow™ ルシフェラーゼ: 1 x 0.5mg
  • 反応バッファー: 1 x 6mL
  • ルシフェリン(粉末): 1 x 1.4mg
  • 溶解バッファー: 1 x 12mL
  • リン酸/EDTA バッファー: 1 x 2mL
  • リゾチーム(Lysozyme): 1 x 20mg

■ その他必要な機器・器材

  • ルミノメーターまたはプレートリーダー(with luminescence detector)
  • 96-ウェル黒壁アッセイプレート(Corning #3792 round-bottom or #3915 flat bottom)
  • 96-ウェルクリアープレート(マイクロタイタープレートフォーマット) または 遠心チューブ(シングルチューブフォーマット)
  • マルチチャンネルピペット
  • ドライアイス

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「特集:発光アッセイ」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO