ページの本文へ移動

記事ID : 13652
研究用

MELK(HPK38, KIAA0175) Active Kinase MELK 活性型キナーゼ

このエントリーをはてなブックマークに追加

« 「SignalChem社 活性型 キナーゼ」トップへ

MELK または母性胚性ロイシンジッパーキナーゼは、CAMKL キナーゼファミリーのメンバーで、悪性脳腫瘍(およびその幹細胞) の増殖に関与する重要な調節因子である。MELK の転写産物量はヒト星状細胞腫の悪性度と相関を示し、成人と子供において最も頻度の高い脳腫瘍の治療標的となる。また、本遺伝子はBcl-GL のアポトーシス促進機能を阻害することで、乳癌の発症において役割を果たしている。このことから、MELK のキナーゼ活性は、乳癌患者の治療において有望な標的分子となる可能性が期待されている。

MELK 活性型キナーゼ・関連製品対応表

活性型キナーゼ ペプチド基質 タンパク質基質 抗体 阻害剤
品名 品番 品名 品番 品名 品番 品名 品番 品名 品番
MELK, Active M50-11G ZIPtide Z16-58         Apigenin K10-900C
K252A K10-900D
K252B K10-900E
MELK Mutant (T460M), Active M50-12G Staurosporine K10-900
Genistein K11-900
AG-1517 K11-900B

MELK 活性型キナーゼ

MELK(HPK38, KIAA0175) Active Kinase

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
MELK, Active, Human詳細データ SCP M50-11G 10 UG
販売終了
MELK, Active, Human詳細データ SCP M50-11G 5 UG
販売終了
MELK Mutant (T460M), Active, Human詳細データ SCP M50-12G 10 UG
販売終了
MELK Mutant (T460M), Active, Human詳細データ SCP M50-12G 5 UG
販売終了

MELK キナーゼ/種由来・タグ・発現系詳細

品番 品名 種由来 タグ 発現系 配列
M50-11G MELK, Active Human GST (N-term) Sf9 a.a.1-340
M50-12G MELKMutant(T460M), Active Human GST (N-term) Sf9 a.a.1-550

ペプチド基質

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
ZIPtide詳細データ SCP Z16-58 1 MG
販売終了

阻害剤

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Apigenin詳細データ SCP K10-900C 10 MG
販売終了
K252A詳細データ SCP K10-900D 1 MG
販売終了
K252B詳細データ SCP K10-900E 1 MG
販売終了
Staurosporine詳細データ SCP K10-900 1 MG
販売終了
Genistein詳細データ SCP K11-900 10 MG
販売終了
AG-1517詳細データ SCP K11-900B 25 MG
販売終了

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

オウンドメディア

※当社のWEBサイトはユーザーの利便性を最適にし、それを保証するためにクッキーを使用しています。
 このWEBサイトの利用を継続することで、クッキーの使用に同意することになります。

© COSMO BIO